Yuzu Whiskey Sour (2)
2021.04.30

第33回 連載「拝啓、〈星〉へいらっしゃいませんか?」 アジア1位のバー〈Jigger & Pony〉へ。【シンガポール】至高のカクテルと、心地よい癒しの空間。

結婚を機にシンガポールへ移住することになった元Hanako編集者女子による、星(=シンガポール)通信。第33回は、2020年アジアのベスト・バー50の第1位に輝いた〈Jigger & Pony〉をご紹介。せっかく受賞するも、新型コロナウイルスの影響で長期間、休業を余儀なくされていたバーが、昨秋、ようやく営業を再開しました。
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉
〈Jigger & Pony〉

約1年前の2020年5月、「アジアのベスト・バー50」が発表されました。栄えある第1位に輝いたのが、シンガポールのTanjong Pagar地区にある〈Jigger & Pony〉。本来なら、その受賞を「盛大に祝いたい!」ところですが、2020年4月から6月の2か月間、シンガポールはCircuit Breaker(ロックダウンの一歩手前。通称CB)の真っ最中。当然、受賞のタイミングではお祭り騒ぎなどできるわけもなく。CBが明けた6月後半からも、飲食店での店内飲食は再開されるも、人が密集するリスクが高いバーやカラオケ、クラブ等は除外されました。〈Jigger & Pony〉へは、いったいいつになったら行けるの!?国中のファンのヤキモキが爆発する寸前(たくさんの問い合わせがあったそう)の2020年9月、待望の営業再開を果たしました。

電話予約から垣間見えるおもてなしレベルの高さ

アジアで1番に選ばれたバーに、うかがってみたい。そう、常々思いながらも、子を夫に託してお酒を飲みに行くことに罪悪感があり、なかなかタイミングを見つけられずにいました。いっそのこと、子も帯同させてみようか。そう思い立ち、幼児連れの入店可否について、電話で尋ねてみることに。この電話から、〈Jigger & Pony〉のおもてなしレベルの高さは垣間見えました。

「2歳のお子さん? 水曜日の午後4時頃をご希望なんですね? 平日の早い時間はお客さまがそう多くないので、喜んでお迎えします! お子さんが寛げるお席をご用意したいので、お手数ですが専用サイトから予約をしていらしていただけますか?」

とてもありがたいお返事をいただき、さっそく、予約サイトから子どもがいる旨を記し、予約を済ませ、いざ当日。子を抱き、ドキドキしながら入り口の階段下から受付を見上げると、「ミス・アヤコとエンジェルね??ウェルカム」と温かく迎え入れられ、ほかのお客さまの視線が届きにくい奥のテーブル席へとご案内いただけました(大感謝)。

おいしいカクテルはあっという間に完飲!

〈Jigger & Pony〉

お席で渡されたのは、雑誌…と思いきや、メニュー。カクテルのラインナップが写真つきで紹介されているだけでなく、お店のこと、スタッフのことなどについても書かれていて、読むだけでワクワク感が高まります。メニューのトップは、泡セクション。ウォッカソーダやジン・トニックが紹介されており、さらにスタッフがハイボールを飲んでいるスナップ写真も掲載。

Whisky Highball (1)
Yuzu Whiskey Sour (2)
Whisky Highball (1)
Yuzu Whiskey Sour (2)

彼らのあまりの楽しそうな姿に、ハイボール…と頼みかけるも、今回は「Jigger & Pony classics」と呼ばれるお店のシグネチャーカクテルの中から、Yuzu Whiskey SourとJourney of the Westの2種をオーダー。前者はバーボンに柚子マーマレードや卵白を合わせたカクテル。柚子の甘く清涼感のある風味と、上に配されたローズマリーの少しパンチのある香りがほどよくマッチ。後者は同じくバーボンベースのカクテルで、焙じ茶やフレンチオークの木片の香りづけがなんともオリエンタル。アルコール度数も高めですし、カクテルはゴクゴク飲むものではないとは思いつつ、おいしくて、あっという間に完飲。

〈Jigger & Pony〉

スタッフが絶妙な間合いで声をかけてくださり、お店やお酒のことを教えてもらえます。その距離感が心地よく、緊張がほぐれていくなかで、この癒し感こそ、〈Jigger & Pony〉が1位に選ばれた理由なのかもしれない、と気づきました。

「そうですね、ひとえにスタッフの力によるものだと思っています。寛げる環境づくりはもちろん、お客さまとハピネスを共有し、友人にも似た親しい関係性を築き上げてきましたから。スタッフの技術向上も絶やしません」(Jigger & Ponyプリンシパル・バーテンダー、ジョバンニ・グラジアデイ)

スタッフは、国籍や年齢、経歴にとらわれずに採用しているのだそう。「バックグラウンドが違うことで、各スタッフから常に新しい情報がもたらされ、学びにつながります。コスモポリタン・シティともいうべきシンガポールにおいては、スタッフの多様性が功を奏すことも多いんです」(ジョバンニ)

なるほど、海外のバーに来た、というアウェイ感がないのは、スタッフ構成にも秘密があるのかもしれません。

自慢のバーテンダーが作るボトルカクテル・シリーズ「PONY」が登場。

1. PONY Collection - Horizontal

コロナ禍でバー全店が休業を余儀なくされていたころ、同店は、ステイホームの人に向け、カクテルのデリバリーサービスを行っていました。これにより新たに生まれたのが、店が誇る自慢のバーテンダーが作るボトルカクテル・シリーズ「PONY」。現在は全7種あり、個人的推しは、SAKURA MARTINI。ふわりと桜の香りが鼻腔をくすぐるも、味はジン・ベースでドライ。冷凍し、キンキンに冷やしていただくのがおすすめです。桜の花びらが入っていて可愛らしいルックスなので、お土産にも重宝しそう。このボトルカクテルは、今後、海外への配送が予定されており、シンガポールに行かずとも〈Jigger & Pony〉が味わえる日がくるようです。さて、そろそろ5月。2021年度アジアのベスト・バー50が発表される時期を迎えます。コロナ禍にめげず、攻めの姿勢を見せてきたJigger & Ponyですが、2年連続1位となるでしょうか。

〈Jigger & Pony(ジガー・アンド・ポニー)〉

■住所:165 Tanjong Pagar Road, Amara Singapore内, Singapore 088539
■アクセス:MRT・East West Line(緑)「Tanjong Pagar」駅より徒歩約4分
■URL:https://www.jiggerandpony.com

T. Ayako
T. Ayako / フリーランスエディター

「シンガポール在住の元Hanako編集者。NYの人気ピッツェリア〈Lucali〉が上陸。シンガポールの人気店の立役者であるギブラン・ベイドゥン考案による洗練された内装でいただけるのは、18インチ(約45cm)の大判ピザ。いまもっともヒップな場所として、注目を集めています。」

T. Ayakoさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る