_B1A4443-f
2022.03.15

【SPECIALIST CLOSE-UP】 『“映え”や話題作りだけではない、長く愛されるブランド作りを。』フリーランスPR・今井未央さんに密着!

仕事に趣味に積極的な女子たちが集まる本誌Hanakoの読者組織『ハナコラボ』。そんなハナコラボパートナーのパーソナルにスポットライトを当てたコーナー。普段は見えない素顔に迫ります。今回ご紹介するのは、飲食にまつわるブランドや企業の魅力を伝える、フリーランスPRの今井未央さん。仕事で大事にしていることを聞きました。

_B1A4443-f

PR・ブランディングの仕事は、新卒で入社した会社で広報部に配属されたのが出会いでした。多大な責任やプレッシャーを感じることも多かったですが、日々さまざまな人や情報に触れ、世の中にインパクトを与える仕事はとてもやりがいがありました。この仕事を極めたいと思い、PRエージェンシーへ転職。その後、独立しました。PR・ブランディングの仕事は正解があるものではありません。その分、悩みは尽きないですが、中長期的な視点でブランドが愛されるためにどうしたらいいか、日々最善を尽くしています。

ビジュアル面を磨くことも大事ですが、見た目だけでは伝わらないもっと本質的なことを伝えたい。そのためには、会社やブランドをどう育てたいのか、今の課題点は何なのかといったことを代表の方や関係者にしっかりヒアリングする。この時間が欠かせません。対話を重ねると背景にあるストーリーや魅力的な情報がたくさん出てくるんです。本人たちが気づいていない“眠っていた価値”を掘り起こして、人に響くよう言語化し、伝えていく。それがすごく楽しいですね。

独立して2年が経ちましたが、フリーランスは今の仕事がずっと続くという保証はありません。だから、いい仕事をすること。これに尽きる。そうすればまた次に繋がるし、縁も巡ってくると思っています。

今井未央さんをつくる3つのこと

IMG_2817_atari
IMG_7754_atari
IMG_7369
IMG_2817_atari
IMG_7754_atari
IMG_7369

1.アート鑑賞が心の栄養に。

有名無名問わず、心ときめく展覧会があれば観に行くという今井さん。昨年見た中で印象的だったのはマーク・マンダースの個展だったそう。「存在感に圧倒されました」

2.ワーケーションでリフレッシュしています。

金沢や沖縄、都内の温泉宿など時間ができたらワーケーションへ。「大分・別府の〈GALLERIA御堂原〉の美しいアートに囲まれて過ごす時間は贅沢そのものでした」

3.休日は昼からお酒をいただきます。

「友達とワインを飲みながらランチするのが最高の休日の過ごし方です」。お気に入りは東京・代々木八幡にあるビストロ〈ル・キャバレ〉。自然派ワインのセレクトに定評がある。

Profile…今井未央(いまい・みお)

大学卒業後、企業広報、PRエージェンシーを経て独立。フリーランスPRとして飲食・ライフスタイルを中心に企業やブランドのPR・ブランディングを多数担当。話題の新店を紹介する『Hanako』の連載では「Now Opening」を担当中。

(Hanako1206号掲載/photo : Masanori Kaneshita text : Mariko Uramoto)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る