DSC_2269
2021.07.04

第43回 【SPECIALIST CLOSE-UP】 SDGsレポーター・藤田華子さんに密着!「“知りたい”、 “こうなったらいいな”という素直な気持ちを大事に。」

仕事に趣味に積極的な女子たちが集まる本誌Hanakoの読者組織『ハナコラボ』。そんなハナコラボパートナーのパーソナルにスポットライトを当てたコーナー。普段は見えない素顔に迫ります。今回ご紹介するのは、藤田華子さん。人と地球に優しい仕組みを叶えたい。ハナコラボSDGsレポーターとして活躍する藤田華子さんに話を聞きました。
DSC_2269

大自然の中で育ったのですが、帰省するたびに風景が変わっていくことが寂しかったんです。それが環境問題を考えるきっかけになりました。また、私には重度の知的障がいがある叔父がいて、彼は私たち家族にとって太陽のような存在なのに、一歩外に出ると“かわいそうな人”とか“変な人”という目で見られてしまう。子どもながらにとても悲しくて、ずっと福祉問題に関心がありました。

3年前から、勤務先のミッションに「クリエイティブの力でウェルネスを叶える」という視点が加わり、自分がクライアントと取り組む上でも“人や地球に優しいかどうか”と考えるように。たとえばジュエリーブランドの〈アルティーダ ウード〉が手がける、途上国の女性を支援するプロジェクトをプロデュース。目標額を達成し、インドに学校を建てるに至りました。かわいいジュエリーを身につけることが誰かのためになる、そういう仕組みを作るお手伝いができてよかったです。

そして、1年前からハナコラボSDGsレポーターとしてさまざまな専門家、アクティビストの方を取材するように。直接話を聞いて、問題の理解がより深まったと感じるし、共に活動するメンバーと出会えたことも大きな力になっています。“知りたい”“こうなったらいいな”という素直な気持ちを忘れずに、身近なところから取り組んでいきたいです。

藤田華子さんをつくる3つのこと

FotoJet (14)
DSC_2305
FotoJet (13)
FotoJet (14)
DSC_2305
FotoJet (13)

1.生き物が大好き!アフリカ・ケニアへ。

本で象牙の密猟について読み、サバンナへ。「アフリカゾウの親子を見て心が温まる一方、現実を思い胸が痛くなりました。今後もWWFを通じ、保全活動の支援をしていきたいです」

2.自宅では金継ぎにハマっています。

金継ぎ師の方を取材したことを機に興味を持つように。「“壊れても悲しくない”という考え方が素敵だなと。作業中はかなり集中するので、無の状態になれる。それも心地いいです」

3.生涯をかけて楽しみたいベリーダンス。

5年前から始めたベリーダンス。「体型や年齢はその人の個性。踊る人の姿そのものが魅力だと気づかせてくれました。おばあちゃんになっても踊っていたいですね」

Profile…藤田華子(ふじた・はなこ)

栃木県出身。〈RIDE MEDIA & DESIGN〉所属。編集者として活動しながら、Hanako.tokyoでは4人のメンバーとともに「ハナコラボSDGsレポート」を連載している。家ではメダカとクワガタを飼育中。

(Hanako1198号掲載/photo : Miyu Yasuda text : Mariko Uramoto)

「ハナコラボSDGsレポート」を好評連載中!

ハナコラボSDGレポート_TOP

SDGsとは「Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標」の訳で、“誰一人取り残さない”世界を目指し17の目標が掲げられています。それは政府や企業のだけのものではなく、私たちが毎日を変えていくための課題でもあります。そんなSDGsについて知りたい、学びたいと意欲をもったハナコラボ パートナーの4人が「ハナコラボSDGsレポーター」を発足! 毎週さまざまなコンテンツをレポートします。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る