FotoうぇqJet
2019.07.31

第14回 密着!Hanako Lab's Style! 仕事もグルメにも情熱を注ぐ!美容師・三橋 歩さんのON/OFFスイッチ

東京で働きながら、自分らしく輝いているハナコラボメンバー。実際はどんな仕事をして、どんなことに夢中になっていて、どんな風に毎日を過ごしているんだろう?そこで、メンバーの1日に密着。リアルなライフスタイルから、毎日を楽しむための“ON”と“OFF”のスイッチをみつけました!

さて、今回密着するハナコラボメンバーは…

名前:三橋 歩(みつはし・あゆみ)
年齢:29歳
職業:美容師
活動エリア:原宿、代田橋 

【ON】仕事の時はストイックに、誰よりも熱く取り組む

密着のためまず訪れたのは、三橋 歩(29)さんが普段働いている原宿にある美容室、〈assort harajuku(アソート原宿)〉。サロン内は開放的で、居心地の良い空間です。

DSC05767-2

親しみやすい柔らかな雰囲気が魅力的な三橋さんは、今年でキャリア10年目。日々の努力によって培ってきた確かな技術と、流行を敏感に読み取る感性が支持され、トップスタイリストとして活躍しています。

DSC05719-2

「仕事では、“真面目に、誠実に”というのを大切にしています」という通り、施術をしながらお客様との接し方にも心を配り、トラブルが起きてしまった時も冷静に対応する仕事人。

スマートに仕事をこなすために、常に周りの状況を見ながら動いているといいます。

DSC05738-2

プライベートで知り合った人に、仕事する姿を見られるのが恥ずかしいくらいキャラが違くて(笑)。仕事をしている時は全然ふざけられないですね」というほど、責任感と情熱を持って仕事に取り組んでいるそう。

「お店がオープンした時、1人目のお客様が階段を登ってくる足音が聴こえた瞬間に、『やるぞ』とやる気がみなぎります」と、ONモードになってからの三橋さんは、職人モード全開になるのだとか。

DSC05731-2

そんな三橋さんは、「仕事でカットをしている時が一番楽しい」といいます。「お客様の頭の形や髪質、生え方を見て『こういう時はこういう感じ』と、すぐにカットの最適解がわかるんです。理に叶った切り方をすれば、ちゃんと思ったようなヘアスタイルに仕上がるから、嬉しいし気持ちいいです」

誰もが緊張するような場面でも臆せずパパッとカットする様子に、周りのスタッフから驚かれたこともあるそう。これまで数え切れないほど練習し、やりこんできたからこそ「どんなお客様の悩みにも対応できる」という確固たる自信があるのです。その姿は頼もしく、圧倒的な安心感があります!

お客様が楽しめる環境づくりのために、営業中はプロジェクターで映画を上映。
お客様が楽しめる環境づくりのために、営業中はプロジェクターで映画を上映。

美容師というのは色々なことに神経を使わなければならない仕事。自分を追い込みすぎて疲れることがないのか尋ねると「なんだかんだ接客業が好き。お客様との会話が楽しいから、バランスが取れているんだと思います」と、三橋さん。コミュニケーションを心から楽しむ姿が、訪れた人に心地いい時間を与えてくれるのかもしれません。

【OFF】夫婦仲良く話題の飲食店へ。幸せに味わう

ストイックな一面がある一方で、「仕事場から出た瞬間にスイッチが完全にOFFに切り替わって、今日はどこに食べに行こうかな?って考えるほど、食で頭がいっぱいになります(笑)」と、笑顔で語る三橋さん。4、5年前に訪れたカジュアルフレンチムーブメントをきっかけに、飲食店巡りに目覚めたといいます。

〈アヒルストア〉での食事風景
〈アヒルストア〉での食事風景

「きっかけはそれこそHanakoでした。フレンチをカジュアルに楽しめて、食べ物はもちろん店内や食器もおしゃれなお店が紹介されていて、『なんだこれ!』と思って。職場も住んでいるところも、気になる店にアクセスしやすい場所だったから、本当に色々まわりました」

〈按田餃子〉での食事風景
〈按田餃子〉での食事風景

そんな三橋さんは、昨年結婚したばかり。食の趣味の相性もバッチリの旦那さん・クニちゃんと一緒に街へ出かけ、いろいろな店を巡っているそう。今では風情のある定食屋さんや純喫茶も守備範囲になり、様々な新しい味に触れたことで、自炊のバリエーションも増えたといいます。

DSC05831-2

三橋さんの仕事が終わり、合流した2人が出かけたのは、代田橋にある〈しゃけスタンド〉というお店。鮭の専門店〈しゃけ小島〉の姉妹店で、メニューの多くに鮭を取り入れているユニークな立ち飲み屋です。

「ここは初めて2人で一緒に行った店で、今もよく通っています」という、思い入れのあるお店で晩酌スタート。2人のほっこりした雰囲気に、見ているこちらも癒されます。

DSC05793-2

「おつかれさま〜!」と乾杯。おや、ビールグラスをよく見ると、鮭の切り身とビールのイラストが。これはたまらないかわいさです!

DSC05816-2

「ここ、どのメニューも本当においしいんです」と三橋さん。今回は、パクチー入りの「ハムきゅうり」と人気のおでん「いくら豆腐」を注文。一捻りある料理の味は滋味深く、胃袋が優しく満たされます!

DSC05852-2

そして2人の大好物がこちらの「しゃけカレー」。注文を受けると玉ねぎを炒めるところから作りはじめるので、店内がいい香りで満たされます。具にはふっくらと焼かれた鮭の切りが入り、6種のスパイスと身鮭の骨のダシのコク、マスタードシードのツブツブ食感がバスマティライスと相性抜群。〆のご飯にぴったりのメニューです。

DSC05873-2

おいしそうに料理とお酒を味わう2人。「自分1人だとまじめすぎるからこそ、OFFの時はふざけることができる人が良かった。出会ってすぐに『この人だ』ってビビッときました(笑)」と、結婚の決め手を語る三橋さん。一緒にいることでより充実した日々を過ごせていることが、2人の笑顔から伝わってきます。

DSC05705-2

三橋さんをONにさせてくれるアイテムは、仕事道具のハサミとコーム。ハサミは定期的にメンテナンスに出して、最善の状態で施術できるようにしています。

三橋 歩さんのこれから

DSC05710-2

仕事もプライベートも順風満帆な三橋さん。最後に今後の抱負を伺いました!

「技術も接客も、努力は怠らずにこれからもやっていきたいです。接客業は、嫌われないことが特に大事。そのために今頑張っているのが、英語の勉強です。原宿という土地柄、海外から来るお客様も多くて。外国語ができるスタッフもいるけれど、彼らに任せっきりにするのは違う。どのお客様にも満足してもらうために、自分自身も外国語を喋れるようにならなきゃと思っています。プライベートでは子どもも欲しい……!!」

仕事とプライベートの境界線は、意外と曖昧になりがち。シンプルなことですが、三橋さんのようにしっかりON/OFFを切り替えることで、それぞれで得られる幸せを追求でき、ライフスタイルの充実に繋がるのかもしれません。

今回の取材はココ!

〈ASSORT HARAJUKU〉
■東京都渋谷区神宮前6-7-14 NKビル2F
■03-6712-6945
■火~金11:00〜21:00/土10:00~20:00/日10:00~19:00
■月曜日定休

〈しゃけスタンド〉
■東京都杉並区和泉1-3-15 めんそーれ大都市場内
■火~土 16:30~23:00(L.O.)/日15:00~22:00(L.O.)
■月曜日定休

☆前回の『好きな仕事をバランス良く両立。モデル/デザイナー・サンドバーグ直美さんのON/OFFスイッチ』はこちら!

宇治田 エリ
宇治田 エリ / フリーライター

「専門はアートとデザイン。ものづくりとその周辺で起こる出来事に興味あり。ピンときたらまずは体験。そのための旅が好き。Instagram@uiiiiiaeiiiii」

宇治田 エリさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る