FotoJet3353
2019.05.07

第6回 【ハナコラボJOURNAL】Vol.6 フラワーアーティスト・前田有紀さんから教わる、春にぴったりのスワッグ作り体験!

Hanako本誌連載「ハナコラボ JOURNAL」をお届け。ハナコラボのメンバーは、「新しくてたのしいこと」に敏感です。最新スポットの体験レポートやメンバーのインスタピックアップなど、毎日の活動をご紹介しています。1172号では、フラワーアーティストの前田有紀さんに花束の上手な作り方、飾り方を教わりました。

今回のREPORTER

豊かな自然に囲まれて気分も高まる春は、外だけでなく自宅でも、季節の花々とともに過ごしたいもの。元アナウンサーで移動花屋〈gui〉を主宰する前田有紀さんによるスワッグ製作のワークショップでハナコラボミーティングを開催しました。その様子をハナコラボメンバーの小竹あかりさん、坂上由貴さん、濱中理恵さんがレポートしてくれました。

KUR2242

左・小竹あかり(こたけ・あかり)/休日は 旅行を楽しむ会社員。
中・坂上由貴(さかがみ・ゆき)/飲食店 勤務でグルメに詳しい。
右・濱中理恵(はまなか・りえ)/秘書。 花束を作るのは初めて。

春にぴったりのスワッグ作りを体験。

イエローの小さな花が可愛らしいミモザ。“女性の自由”の象徴でもあり、ヨーロッパでは国際女性デーに贈られるのだとか。
イエローの小さな花が可愛らしいミモザ。“女性の自由”の象徴でもあり、ヨーロッパでは国際女性デーに贈られるのだとか。

主役は、春の花として親しまれるミモザ。紫やピンクのスターチス、ユーカリやシースターなど種類の草花を使って作り上げる。

作り方を丁寧にレクチャーしてくれる前田さん。
作り方を丁寧にレクチャーしてくれる前田さん。

まずは束ねやすい長さに茎をカットし、メインとなるミモザを中心に、その横や後ろに他の植物をバランス良く入れていく。

同じ花でも束ね方によって違う印象に。
同じ花でも束ね方によって違う印象に。
「ほんのり花の香りがする!」と坂上さん。
「ほんのり花の香りがする!」と坂上さん。

「ドアノブに掛けて飾りたい」と話す坂上由貴さんのように、吊るして飾る場合は、ときどき逆さまにして見え方を確認するのがポイントだそう。

「こうするともっと可愛くなりますよ」と前田さんがアドバイス。
「こうするともっと可愛くなりますよ」と前田さんがアドバイス。
葉にボリュームのある植物をどう使うか試行錯誤。
葉にボリュームのある植物をどう使うか試行錯誤。
好みの紐でギュッと固めに結ぶ。
好みの紐でギュッと固めに結ぶ。
春らしく優しい色合いのスワッグの出来上がり。湿気のある場所を避けて飾るのが色味を長持ちさせるコツだそう。
春らしく優しい色合いのスワッグの出来上がり。湿気のある場所を避けて飾るのが色味を長持ちさせるコツだそう。
前田さんからプレゼントされた桃の花のヘアゴムにメンバーも大喜び。
前田さんからプレゼントされた桃の花のヘアゴムにメンバーも大喜び。

出来上がったスワッグはそれぞれの個性が表れていて、まさに十人十色。「持って帰るのが楽しみ」(小竹あかりさん)、「他の花でも作ってみたい!」(濱中理恵さん)と、一同大満足の様子だった。

前田有紀さんはHanako.tokyoでもお花についてのコラムを連載中です。ぜひチェックしてみてください。☆連載ページはこちらから。

(Hanako1172号掲載 photo:Hiromi Kurokawa text:Kahoko Nishimura )

☆前回の「おいしい婚活〈トランジットジェネラルオフィス〉」はこちらから。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る