撮影は2つのスタイルで行う。淡い色の服を着た石井さんは、自然光で白バックの方がお似合い。黒い服装の江森さんなら、グレーバックが効果的。
2021.11.10

第36回 【ハナコラボJOURNAL】 “楽しく撮られる”新しい写真館が話題に!有名カメラマン・鈴木心さんによる〈THE PHOTO STUDIO〉を体験。

Hanako本誌連載「ハナコラボ JOURNAL」をお届け。ハナコラボのメンバーは、「新しくてたのしいこと」に敏感です。最新スポットの体験レポートやメンバーのインスタピックアップなど、毎日の活動をご紹介しています。

自分の魅力を知る、プロフィール写真撮影。

鈴木心さんが月1回行うエンタメ性抜群のプロフィール写真撮影は20,000円。そのほか所属カメラマンの場合、8,800円とお手頃!
鈴木心さんが月1回行うエンタメ性抜群のプロフィール写真撮影は20,000円。そのほか所属カメラマンの場合、8,800円とお手頃!

SNSで自分の顔写真を使うことが増えてきた。フリーランスで働く人にとっては、アイコン画像は一つの仕事道具になる。広告や映画などで活躍するカメラマン、鈴木心さんが手がけるスタジオでは、自分らしい表情を引き出してくれるという。ハナコラボ パートナーでアロマ空間デザイナーの石井保子さん、セラピストの江森瞳さんが体験してきた。

撮影は2つのスタイルで行う。淡い色の服を着た石井さんは、自然光で白バックの方がお似合い。黒い服装の江森さんなら、グレーバックが効果的。
撮影は2つのスタイルで行う。淡い色の服を着た石井さんは、自然光で白バックの方がお似合い。黒い服装の江森さんなら、グレーバックが効果的。
DSC_8479
撮影は2つのスタイルで行う。淡い色の服を着た石井さんは、自然光で白バックの方がお似合い。黒い服装の江森さんなら、グレーバックが効果的。
DSC_8479

出迎えてくれた鈴木さんは、法はっぴ被姿。「スーツではなく、お祭り気分で楽しく撮影しますよ」とオープニングから一味違っている。撮影が始まれば、「得意料理は?」「イラッとするのはどんな時?」と、カジュアルな会話。リラックスしたムードを作ってくれる。

写真館は“最高の瞬間を永遠に”がテーマ。
写真館は“最高の瞬間を永遠に”がテーマ。
肌色が明るく見える。「自分の“利き顔”を知っておくといいですよ」と鈴木さん。
肌色が明るく見える。「自分の“利き顔”を知っておくといいですよ」と鈴木さん。
写真館は“最高の瞬間を永遠に”がテーマ。
肌色が明るく見える。「自分の“利き顔”を知っておくといいですよ」と鈴木さん。
一緒に選ぶのが楽しい。
一緒に選ぶのが楽しい。
写真はその場でスマホに転送。
写真はその場でスマホに転送。
一緒に選ぶのが楽しい。
写真はその場でスマホに転送。

撮影後は、カメラマンと一緒に写真をセレクト。「笑うとこんなに目をつぶるって知らなかった!」(石井さん)、「鈴木さんが選んだのが、自分では選ばない表情ばかり!意外な自分を発見しました」(江森さん)。このスタジオでは、写真を選ぶところまで含めて「新しい写真体験」を提供しているのだ。

体験したハナコラボメンバー

DSC_8832

(左)石井保子(いしい・やすこ)/ブライダルシーンやホテル、イベントなどでアロマ空間デザインを行う。傍ら、PRの仕事なども。

(右)江森 瞳(えもり・ひとみ)/自身のプライベートサロンでセラピストとして活動。「色の絵」で視覚から癒すアートも制作。

〈THE PHOTO STUDIO〉

プロフィール写真以外の場合、60分の撮影、データ・プリント・額各1点付きで55,000円。鈴木さんの指名料は+55,000円。普段着で撮影するウェディングフォトなど、気張らずに楽しめるプランがたくさん。
■東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋DMビル4F
■090-8000-1515
■9:00~17:00(予約制)不定休

(Hanako1202号掲載/photo : Miyu Yasuda, text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る