新メディテーション体験ができる!【表参道】話題のスポット〈Medicha〉で、自分と向き合う80分間。
2020.10.08

第23回 【ハナコラボJOURNAL】 新メディテーション体験ができる!【表参道】話題のスポット〈Medicha〉で、自分と向き合う80分間。

Hanako本誌連載「ハナコラボ JOURNAL」をお届け。ハナコラボのメンバーは、「新しくてたのしいこと」に敏感です。最新スポットの体験レポートやメンバーのインスタピックアップなど、毎日の活動をご紹介しています。1189号では、2019年に表参道に誕生した〈Medicha〉で今までにないメディテーションを体験。日常を忘れる時間を過ごしてきました。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

メディテーションに没入。自分と向き合う80分間。

Medicha 表参道
白い部屋と暗い部屋を自由に行き来して自律神経を整える。体調や気分によって、心が落ち着く部屋が変わるそう。
Medicha 表参道
ドアを開けると全く別の世界。

慣れない生活でストレスが増える今、瞑想が注目されている。表参道のメディテーションスタジオ〈Medicha〉は、ほかにはない没入感が人気。瞑想は海外ではすでに広まりつつあるメソッドだが、スタジオによりアプローチはさまざま。ここではつの部屋を移動しながら〝感情と思考のデトックス〞をねらう。

Medicha 表参道
現代アートに入り込んだような感覚に。

まずは真っ白でミニマムな部屋と、星空を見上げるような暗闇の部屋を行き来。非日常の空間で過ごすと、日々のイライラや悩み事をリセットできるらしい。この、メディテーションへの導入部分からプログラムされていることが、没入感を高めるポイントなのだそう。

Medicha 表参道
メディテーションはガイダンス付き。「前向きになりたい」「目標に向けて気分を高めたい」など目的別にコースを選べる。香りや音にも癒される。
Medicha 表参道
星空がどこまでも続いているよう。

しばらくしたらメディテーションルームに移動し、五感に意識を向けながら内面を整えていく。

Medicha 表参道
茶器は全て〈Medicha〉のためにデザインされたもの。カップを選んで、日常に戻る前のひと時を。
Medicha 表参道

最後はお茶で体験を振り返り、自分自身にフィードバックするような時間に。「日常で不安なことが募っていましたが、終わってみると自然と前を向けている気がします」とは、今回体験した木村美和子さんとマナさん。友人を誘って、また体験しに行くんだとか。

体験したハナコラボメンバー

Medicha 表参道

左・木村美和子(むら・みわこ)/1歳になったばかりの娘の育児に翻弄される日々。美容と健康への意識は高まるばかり。
右・マナ/会社員。趣味はランニングやカフェ巡り。毎日のヨガは欠かさず行うものの、メディテーション体験は初めて。

〈Medicha(メディーチャ)〉

200904_048

1回80分で8,000円。繰り返し通うことで思考の癖を直し、自分が本当に必要なものを選べるようになっていくそう。現在は貸切営業のみで、換気や除菌など新型コロナウイルス感染対策はバッチリ。服装は普段着でOK。
■東京都港区南青山5-3-18 BLUE CINQ POINT C棟 B1
■03-3287-5519
■火~金7:00〜23:00、土日祝11:00〜19:30 月休

(Hanako1189号掲載/photo:Wataru Kitao text:Kahoko Nishimura)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る