細川さん連載50
2022.05.13

ズボラ女子でも簡単に作れるレシピが満載! 食パンも具材に!レモン香るレタスのパスタ|~細川芙美の「SIDE-Bクッキング」~

ロケ弁ブランドをはじめ、さまざまなジャンルで活躍をするフードデザイナー・細川芙美さんが、ズボラ女子でもできる簡単レシピを紹介する連載。第50回は前回に引き続き、食パンを使ったパスタをご紹介します。

今回のテーマ:「食パンも具材に!レモン香るレタスのパスタ」

細川さん連載50

パスタといえば、自炊で作りやすい料理の代表格。ボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノ…名だたる味のバリエーションには頭が上がらない。しかし、私の冷蔵庫の中にはサンドイッチで余った食材しかない。
今回は焼きそばや焼き飯のように、余り物の食材を使って作るような自炊らしいパスタを。サンドイッチで使ったあの食材まで入れちゃいます!

■材料
菜の花…4〜5本
レタス…1〜2枚
タラ切り身…1枚
塩・胡椒…各適量
8枚切り食パン…1/2枚
バター…6g
オリーブオイル…適量
紫玉ねぎ…1/6個
にんにく…1片
レモン…1/4(輪切り3枚程度)
リングイネ…100〜120g
酒…大さじ2
ベーコンビッツ…お好みの量

手際よく仕上げるための仕分け術

【POINT】茎は小口切り。花の部分の1〜2cm程度残す。
【POINT】茎は小口切り。花の部分の1〜2cm程度残す。
【POINT】1cm幅のざく切り。
【POINT】1cm幅のざく切り。
【POINT】レタスは菜の花の花と。
【POINT】レタスは菜の花の花と。
【POINT】タラは菜の花の茎と一緒に。
【POINT】タラは菜の花の茎と一緒に。
【POINT】茎は小口切り。花の部分の1〜2cm程度残す。
【POINT】1cm幅のざく切り。
【POINT】レタスは菜の花の花と。
【POINT】タラは菜の花の茎と一緒に。

【1】菜の花は茎の硬い部分と花の柔らかい部分に分ける。レタスは長さのあるざく切りにしたら、菜の花の花の部分と合わせておく。タラは皮と骨を取り除いたら1口サイズにカットし、塩少々で下味をつけ、菜の花の茎の部分とセットに。

焼きそばはもやしでかさ増し。パスタは食パンでかさ増し!?

【POINT】食パンを棒状に切ったら…。
【POINT】食パンを棒状に切ったら…。
【POINT】クルトンのように小さく。
【POINT】クルトンのように小さく。
【POINT】バターとオリーブオイルと共に入れ…。
【POINT】バターとオリーブオイルと共に入れ…。
【POINT】中火で炒める!
【POINT】中火で炒める!
【POINT】香ばしくなるまで。
【POINT】香ばしくなるまで。
【POINT】食パンを棒状に切ったら…。
【POINT】クルトンのように小さく。
【POINT】バターとオリーブオイルと共に入れ…。
【POINT】中火で炒める!
【POINT】香ばしくなるまで。

【2】食パンを棒状に切り、サイコロ状になるように切る。フライパンに入れ、バターとオリーブオイル大さじ1を加えたら、中火で香ばしくなるまで炒めて。取り出したあとに塩・胡椒少々を振る。

今日は爽やかなレモン風味

【POINT】紫玉ねぎは櫛形。
【POINT】紫玉ねぎは櫛形。
【POINT】にんにくは潰すだけ。
【POINT】にんにくは潰すだけ。
【POINT】輪切りレモンでさわやか風味をプラス。
【POINT】輪切りレモンでさわやか風味をプラス。
【POINT】基本のコールドスタート。
【POINT】基本のコールドスタート。
【POINT】12分茹でのパスタなので早めに仕掛ける。
【POINT】12分茹でのパスタなので早めに仕掛ける。
【POINT】紫玉ねぎは櫛形。
【POINT】にんにくは潰すだけ。
【POINT】輪切りレモンでさわやか風味をプラス。
【POINT】基本のコールドスタート。
【POINT】12分茹でのパスタなので早めに仕掛ける。

【3】紫玉ねぎを櫛形、にんにくは潰しておく。このとき、皮付きのまま潰してから皮をむくと便利。レモンは輪切りに。フライパンににんにくを入れ、オリーブオイル大さじ2を加えたら弱火にかけて(2のフライパンそのまま使用してOK)。パスタを茹で始める。

細川芙美さん
細川 芙美 / フードデザイナー

「ロケ弁ブランドをはじめ、レシピ提供やメニューのプロデュースも手がける。著書『#ひとりじめ飯』(光文社)が発売中。Instagram:@humihosokawa

細川 芙美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る