細川さん連載49
2022.04.08 — Page 2/2

第49回 ズボラ女子でも簡単に作れるレシピが満載! 野菜たっぷり!タラフライのサンドイッチ|~細川芙美の「SIDE-Bクッキング」~

フライパンで揚げ焼きするときは…

【POINT】フライパンの底から1cmくらいのサラダ油を。
【POINT】フライパンの底から1cmくらいのサラダ油を。
【POINT】ボウル全体をぐるっと。
【POINT】ボウル全体をぐるっと。
【POINT】衣を落とさないように…。
【POINT】衣を落とさないように…。
【POINT】そっと優しく。
【POINT】そっと優しく。
【POINT】余った部分は衣が薄いところにかけて。
【POINT】余った部分は衣が薄いところにかけて。
【POINT】表面に油をかけながら。
【POINT】表面に油をかけながら。
【POINT】フライパンの底から1cmくらいのサラダ油を。
【POINT】ボウル全体をぐるっと。
【POINT】衣を落とさないように…。
【POINT】そっと優しく。
【POINT】余った部分は衣が薄いところにかけて。
【POINT】表面に油をかけながら。

【4】フライパンに1cmほどのサラダ油を入れたら、中火で加熱。タラはボウルを拭きあげるように衣をすくってたっぷりつけ、フライパンにそっと落とし入れる。余った衣は、上に後からかけて。フライパンを時々傾けながら、油が接していない部分に向かって上からかけるようにし、表面がカリッとなるまで揚げ焼きにする。

ソースはサンドイッチの影の立役者!

【POINT】衣と同じ風味をここにも。
【POINT】衣と同じ風味をここにも。
【POINT】グッと旨味がつく。
【POINT】グッと旨味がつく。
【POINT】よく混ぜて…。
【POINT】よく混ぜて…。
【POINT】まんべんなく塗って。
【POINT】まんべんなく塗って。
【POINT】オリーブオイルで下味を。
【POINT】オリーブオイルで下味を。
【POINT】衣と同じ風味をここにも。
【POINT】グッと旨味がつく。
【POINT】よく混ぜて…。
【POINT】まんべんなく塗って。
【POINT】オリーブオイルで下味を。

【5】パンに塗るソースを作る。ボウルにマヨネーズ、パプリカパウダー、ウスターソースを入れ、塩・胡椒で味を調えたら、パンにまんべんなく塗る。紫玉ねぎは水気を切り、トマトと一緒にオリーブオイルで下味をつけておく。

サンドイッチの切断面を美しくするには

【POINT】細かく切らずに、大きいまま重ねて。
【POINT】細かく切らずに、大きいまま重ねて。
【POINT】4つ折りにする。
【POINT】4つ折りにする。
【POINT】包丁で切る向きは、ここで確認。
【POINT】包丁で切る向きは、ここで確認。
【POINT】細かいブラックオリーブと紫玉ねぎは全体に散らして。
【POINT】細かいブラックオリーブと紫玉ねぎは全体に散らして。
【POINT】カリカリ食感をサプライズ!
【POINT】カリカリ食感をサプライズ!
【POINT】黒胡椒で味を引き締めて。
【POINT】黒胡椒で味を引き締めて。
【POINT】細かく切らずに、大きいまま重ねて。
【POINT】4つ折りにする。
【POINT】包丁で切る向きは、ここで確認。
【POINT】細かいブラックオリーブと紫玉ねぎは全体に散らして。
【POINT】カリカリ食感をサプライズ!
【POINT】黒胡椒で味を引き締めて。

【6】レタスは大きいまま重ね、4つ折りにしてパンにのせる。最後に包丁で切るときに2等分になるよう、トマトを並べる。このとき、向きはしっかり覚えておくこと!ブラックオリーブ、紫玉ねぎを全体に散らし、タラフライをのせたら、ベーコンビッツをのせる(食感とフレーバーが最高)。仕上げの黒胡椒は粗挽きで。

包んで切る!が、上手にできるお約束

【POINT】しっかり抑えて。
【POINT】しっかり抑えて。
【POINT】2回り大きい、全体が包めるサイズ。
【POINT】2回り大きい、全体が包めるサイズ。
【POINT】ペーパーに密着させながら…。
【POINT】ペーパーに密着させながら…。
【POINT】緩まないよう、ぐるっと包んで。
【POINT】緩まないよう、ぐるっと包んで。
【POINT】サイドも織り込む。
【POINT】サイドも織り込む。
【POINT】袋の上からカットすれば完成!
【POINT】袋の上からカットすれば完成!
【POINT】しっかり抑えて。
【POINT】2回り大きい、全体が包めるサイズ。
【POINT】ペーパーに密着させながら…。
【POINT】緩まないよう、ぐるっと包んで。
【POINT】サイドも織り込む。
【POINT】袋の上からカットすれば完成!

【7】クッキングペーパーを広げ、サンドイッチをしっかり押さえながら中央にのせる。右からサンドイッチを覆うようにしてペーパーをかぶせたら、引っ張りながら紙に密着させて。そのまま押さえて締めながらぐるっと巻き込み、側面も織り込んで全体を包む。紙の上から包丁で斜めに切れば….。

細川さん連載49
細川さん連載49
細川さん連載49
細川さん連載49

ミルフィーユ状のレタスが美しい。今回のようなサンドイッチのときは、スナックがあった方がよりおいしい!ということで、「ドリトス」をサイドに盛り付けて。

細川さん連載49

グルメサンドイッチの完成!タラフライと柔らかいパン、シャキシャキのレタスがヘルシーで最高。途中でチップスをつまみながら、音までも楽しむ。そんなサンドイッチ。ああ、また食べたい!食べ終わってから、また次回、食べることを考えている…。

今回のB面撮影裏側日記

細川さん連載49

料理の撮影をするときは、緑のエプロンだと光が反射して料理が緑色に見えてしまう。白いエプロンをおすすめします!(撮影では、わざわざ着替えています…)

A面、B面女子とは…?

料理ライフを楽しむキラキラA面女子(SIDE-A)がいる一方、「料理はしたいけど楽ちんなのがいい!」のが本音。そんなB面女子(SIDE-B)の願望を叶える簡単レシピを紹介する本連載。Hanako誌面の連載「SIDE-B COOKING」と連動中!Hanako.tokyoのWEB連載、instagramと合わせてパラレル女子のA&B面をチェックして!

細川 芙美
細川 芙美 / フードデザイナー

「ロケ弁ブランドをはじめ、レシピ提供やメニューのプロデュースも手がける。著書『#ひとりじめ飯』(光文社)が発売中。Instagram:@humihosokawa

細川 芙美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る