細川さん連載35
2021.09.24 — Page 1/2

第36回 ズボラ女子でも簡単に作れるレシピが満載! ちくわに感謝!私好みのお好み焼き|~細川芙美の「SIDE-Bクッキング」~

ロケ弁ブランドをはじめ、さまざまなジャンルで活躍をするフードデザイナー・細川芙美さんが、ズボラ女子でもできる簡単レシピを紹介する連載。第36回は、前回作った他人丼の具を活用したお好み焼きを紹介します。

今回のテーマ:「ちくわに感謝!私好みのお好み焼き」

今回も、色々な食材を入れてみよう。
今回も、色々な食材を入れてみよう。

はっきり言わせていただきます。ちくわほど私たちの自炊に味方をしてくれる食材はいません!少なくとも、絶大な信頼を置く食材で3本の指には入ること間違いなし。前回の他人丼で作っておいた具をお好み焼きに入れるだけで、ぐっとお店の味に。私好みの、ほんのり甘さを感じる仕上がりにしました。

■材料(2枚分)
キャベツの外側…1/6個の外側8枚前後(約120g)
長ねぎ…1/2本
お好み焼き粉…50g
卵…1個
他人丼の具…270g ※前回「みんな違ってみんないい!他人すぎる丼」の作り置きを使用
サラダ油…適量
みりん…大さじ1
中濃ソース…大さじ2
マヨネーズ…お好みの量
青のり…お好みの量
鰹節…お好みの量

キャベツを切るだけでいいなんて、楽ちんすぎない?

【POINT】外側をめくる。
【POINT】外側をめくる。
【POINT】内側に折って…。
【POINT】内側に折って…。
【POINT】押さえて繊維をつぶす。
【POINT】押さえて繊維をつぶす。
【POINT】あとは千切りにするだけ。
【POINT】あとは千切りにするだけ。
【POINT】外側をめくる。
【POINT】内側に折って…。
【POINT】押さえて繊維をつぶす。
【POINT】あとは千切りにするだけ。

【1】あれも切らなきゃ、これも切らなきゃって思うと、キッチンに立つハードルは高くなる。でも、キャベツだけならOKだよね!「キャベツさえ切れば絶品のお好み焼きが食べられる!」そう思いながら1/6サイズのキャベツの外側8枚前後を手でめくり、半分に折る。まな板の上に置いたら、両手でしっかり押さえつけて平らにし、千切りにする。

生地に味がつくから、全部おいしい、ずっとおいしい。

【POINT】長ねぎも切ってストック。
【POINT】長ねぎも切ってストック。
【POINT】市販のお好み焼き粉なら安心。
【POINT】市販のお好み焼き粉なら安心。
【POINT】まずはキャベツ。
【POINT】まずはキャベツ。
【POINT】味の染みた作り置き様を投入!
【POINT】味の染みた作り置き様を投入!
【POINT】スプーンで下から混ぜて。
【POINT】スプーンで下から混ぜて。
【POINT】長ねぎも切ってストック。
【POINT】市販のお好み焼き粉なら安心。
【POINT】まずはキャベツ。
【POINT】味の染みた作り置き様を投入!
【POINT】スプーンで下から混ぜて。

【2】前回の作り置きを使います(長ねぎも5cmほどの斜め切りにしておくと、味噌汁や炒め物にすぐ入れられるので常備)。お好み焼き粉に卵と規定の水の量(分量外)を入れ混ぜたら、キャベツ、他人丼の具を加えてしっかり混ぜ合わせる。スプーンを使って底からしっかり混ぜるとGOOD!

【私好みその1】焦がしねぎで風味UP。

【POINT】炒めずのせるだけ。
【POINT】炒めずのせるだけ。
【POINT】ねぎにかぶせるように生地をIN。
【POINT】ねぎにかぶせるように生地をIN。
【POINT】ねぎで挟み撃ち!
【POINT】ねぎで挟み撃ち!
【POINT】フタをして蒸し焼きに。
【POINT】フタをして蒸し焼きに。
【POINT】炒めずのせるだけ。
【POINT】ねぎにかぶせるように生地をIN。
【POINT】ねぎで挟み撃ち!
【POINT】フタをして蒸し焼きに。

【3】長ねぎはあえて生地に混ぜない。中火にしたフライパンにサラダ油を引き、先に長ねぎ半量を入れる。後から2の生地をのせ、残りの長ねぎを上にのせる。味が単調にならないよう、焦がしネギで風味を出す作戦!作り出したらおいしいものに一直線なB面女子の諸君。“ねぎ別の手間”にぜひトライしてみて。フタをしたら、極弱火で5〜6分焼く。

細川 芙美
細川 芙美 / フードデザイナー

「ロケ弁ブランドをはじめ、レシピ提供やメニューのプロデュースも手がける。著書『#ひとりじめ飯』(光文社)が発売中。Instagram:@humihosokawa

細川 芙美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る