愛用品連載 羽村さん
2021.09.29 — Page 1/3

第60回 ハナコラボ パートナーに聞いた! 『FUJI ROCK FESTIVAL』のピアス|ひと目で音楽好きだとわかるので、異国の地でも話が盛り上がる!

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、ハナコラボ パートナーたちが愛用しているマストアイテムをご紹介。今回はフリーライターとして活躍する羽村 萌さんに話を聞きました。

今回、愛用品を紹介してくれるハナコラボ パートナーは…

愛用品連載 羽村さん

名前:羽村 萌さん(はむら・めぐみ)
職業:フリーライター
年齢:31歳

今年5月から、ニューヨークでフリーライターとして活躍する羽村さん。「現地の方にインタビューしたり、各地で開催されるイベントに訪れてレポート記事を執筆しています。いまは日本人と仕事することが多いですが、英語を使う場面も多く、うまくいかないことも。言語や文化の違いに苦しみながら、経験あるのみと思って日々奮闘中です」。

幼い頃から英語に接することが多く、おもちゃも海外製が好き。また地元には米軍基地があったり、国際結婚した親戚がいるなど、海外は身近に感じていた。「前職のレコード会社で働いていた頃、アメリカの音楽フェスに行ったことがきっかけで海外のエンタメに興味をもち、退職後に1年間、ロサンゼルスに留学しました。帰国後、何週間も経たないうちに『アメリカが恋しい!』と思って。昨年は西海岸のロサンゼルスでのんびり過ごしたけど、今度は東側のニューヨークに行ってバリバリ活動したいなと、そのとき本格的に移住を考えるようになりました」。その後、ニューヨークにいる友人の紹介を通じて、移住のチャンスを掴んだ。「実は、過去に何度かニューヨークには旅行に来ていて、人脈づくりをしていたんです。もしかしたら、その頃から頭の隅ではいつか住んでみたいと思っていたのかも」。

こうして、念願のアメリカ移住を叶えた羽村さんですが、乗り越えなければいけない大きな壁があるそう。「お恥ずかしながら、いまでも英語は勉強中です。とにかく日々の生活から英語一色にしようと思い、住まいはアメリカ人とのルームシェアに。毎日、話の輪に入るのが大変です(笑)。また、合間を縫ってビジネス英語の勉強も。いまのような環境を選択できたのも、留学時にたくさん失敗したから。免疫ができたおかげで、挑戦する勇気がもてるようになりました」。

今後の目標は?「先日、前職の知人からの依頼で、レディー・ガガとトニー・ベネットのコンサートのライブレポを書いたんです。大好きなエンタメの分野に関われたことがうれしかったので、今後はそういう機会を増やせていけたらいいですね。そして英語スキルをもっと上達させて、今後はアメリカ国内でも自分が培ってきたエンタメ情報を発信していけたらなと思います」。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る