Fitbit Charge 3
2019.10.03

第26回 ハナコラボメンバーに聞いた! 働く女子の愛用品。「Fitbit Charge 3」/Webディレクター・西嶋いぶきさん

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、東京で働くハナコラボたちの、四六時中身につけている愛用品をご紹介。第25回は、IT系の企業でwebディレクターをする西嶋いぶきさんに話を聞きました。

本日、愛用品を紹介してくれるハナコラボメンバー

西嶋いぶき

名前:西嶋いぶき
職業:IT系のwebディレクター
年齢:30歳

オンとオフの切り替えをしっかり意識。

現在は、フリーランスとしていくつかの企業で働いているという西嶋さん。出社せずにリモートで作業することが多いので、自宅やコワーキングスペースを仕事場にしているそう。「オンとオフが曖昧になってしまいがちなので、10時〜19時は仕事の時間にすると決めています。休みの日は、温泉地や海外に旅行してリフレッシュ。あとは、体を動かすことが好きなので、週2〜3回のランニングと週1回の加圧トレーニングは欠かさずやるようにしています」。

健康管理を助けてくれるフィットネストラッカー。

Fitbit Charge 3

そんな西嶋さんが毎日愛用しているアイテムは、今年の春に恋人からプレゼントしてもらったという「Fitbit Charge 3」。時計として身につけているだけで、歩数や歩いた距離、消費カロリーなどを簡単に記録することができる優れものです。
「日々の運動量を一目でチェックできるのはもちろん、電話は〈LINE〉の通知を受け取ることもできるのでとても便利。今は1日8,000歩を目標に、たくさん歩く生活を心がけています」。

フリーランスの環境を生かして、多くの場所へ足を運ぶ。

Fitbit Charge 3

オンとオフのバランスが取れた、ヘルシーな生活をしている西嶋さん。今後の目標について「リモートで仕事できている今の状況を生かして、もっと気軽にいろんな場所へ出かけていけたらと考えています。より多くの価値観に触れた方が、視野も広がると思うので」と話します。これから、ますますの活躍が楽しみです!

☆前回の「インフルエンサー・鈴木真由子さん」の愛用品は こちらから。

大場桃果
大場桃果 / エディター・ライター

「1994年生まれ。大学在学中からアシスタントに従事し、2018年に独立。『Hanako』や『GINZA』をはじめとする雑誌やWEB、広告などを中心に活動中。趣味は映画・海外ドラマとアニメ観賞。」

大場桃果さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る