〈POLA〉「Red B.A」
2019.01.01

第1回 Hanako Beauty「あのコスメが生まれた理由」第1回 活躍する女性へ。〈POLA〉抗ストレスケアライン「Red B.A」が生まれた理由。

Hanako本誌連載「Hanako Beauty Skin Care あのコスメが生まれた理由」を掲載。第1回は、日本のコスメメーカーとして名高い〈POLA(ポーラ)〉からストレスと戦う女性のために生まれた「Red B.A(レッド ビーエー)」を生まれた背景とともにご紹介します。

女性の活躍を応援する歴史が抗ストレスケアを生み出した。

右・ジュレ状のテクスチャーが、肌の上でみずみずしく変化。肌を内側 から潤いでふっくら満たす。ボリュームモイスチャーローション120㎖ 9,000円、左・キメ細かな泡でマッサージすると、肌が目覚めて明るくな る。ビギニングエンハンサー70g6,800円(共にポーラ0120-117111)
右・ジュレ状のテクスチャーが、肌の上でみずみずしく変化。肌を内側 から潤いでふっくら満たす。ボリュームモイスチャーローション120㎖ 9,000円、左・キメ細かな泡でマッサージすると、肌が目覚めて明るくな る。ビギニングエンハンサー70g6,800円(共にポーラ0120-117111)

女性は家に居るもの、という現代ではナンセンスな感覚が当たり前だった戦前の日本で、女性の販売員が男性と肩を並べて活躍していた化粧品会社がある。今や世界に誇る日本のコスメメーカーとして名高い、ポーラである。

ポーラの創業は、1929年。創業者の鈴木忍が妻の手荒れのために作ったクリームから始まり、各人の肌に合う商品を直接手渡すため、訪問販売を開始。その後37年に、当時は珍しかった女性の販売員を初めて採用し、現在は全国で約4万6000人の女性がビューティーディレクターとして活躍する。そんな歴史から、ポーラでは女性の活躍を応援するメッセージCMを作るなど、女性をサポートする独自の活動を続けている。

女性を応援する姿勢は、もちろんコスメの開発にも反映。その象徴ともいえるのが、この秋誕生した新しい「RedB.A」だ。「新RedB.Aは、ストレスと闘う女性のために生まれたラインです。最近の女性は、仕事や家事以外にもストレスがたくさん。加えて、〝充実している女性こそ美しくあるべし〞という価値観が当たり前になっているようです。ひと昔前なら、忙しい女性はすっぴん上等でOK。でも今の女性は、オンでもオフでも常にキレイでいようと頑張っています」(ポーラ商品企画部・三木香苗さん)
ところが実際は、疲れやストレスから、エイジングや肌荒れを実感している人が多い。

「そこでストレスと肌ダメージの関係を研究したところ、実感を裏づける結果になりました。人体はストレスを感じると、コルチゾールというホルモンを分泌します。肌がそのコルチゾールの影響を受け続けると、細胞が元気をなくし、ハリがなくなったり、乾燥や毛穴の目立ちが発生すると判明したのです」しかも、特に30代がより影響を受けやすいという。
「こうした変化を放置しておくと、5年後10年後の肌でエイジングが加速する恐れが。そこでコルチゾールの量を減らし、肌の生命力を引き出すため、南極に生息する菌の生み出すエキスに着目し、新オリジナル成分を配合しました」ほかにも血行促進、肌活力のサポートなどによって、フェイスラインがキュッと引き締まった、明るいハリツヤ肌を目指せるそう。

「みずみずしいフレッシュフローラルの香りや、アイテムごとにこだわり抜いたテクスチャーは、心のストレス解消にも役立つはず。RedB.Aは、忙しくても心が充実して肌はキラキラ、そんな理想の女性に近づくための力強い味方です」

〈POLA〉「Red B.A」

たくさんの男性販売員と一緒に、ひとりの女性販売員の姿を収めた写真。当時の京都支店に張り出された「セールスマン募集」の広告を見て、「女やったら、あきませんか」と飛び込んできた女性を採用したのが、女性販売員第一号。

〈POLA〉「Red B.A」

「Red B.A」は、全6品。乳液とクリームがひとつになった便利なミルク・クリームや、ボディやフェイスに使えるオイル美容液もそろう。

(Hanako1166号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text : Yumiko Kazama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る