ヴァローナチョコリュスティックサンド各360円。北海道産小麦の甘さが表現された高加水パンに、チョコとバターをはさんだ。
2022.11.12

埼玉・川越は蔵の街でもあり、パンの街!〈パンピーポー〉&〈川越ベーカリー 楽楽〉/池田浩明のまだ見ぬパン屋さんへ。

パンラボ・池田浩明さんによる、Hanako本誌連載「まだ見ぬパン屋さんへ。」からお届け。今回は、奇跡的に残された古い街並みで知られる「蔵の街」、埼玉・川越が舞台。地元でパン用の小麦「ハナマンテン」が栽培され、それを使ったおいしいパン屋さんが登場してきた「パンの街」でもあります。地元にも愛されている、とっておきの2軒を紹介。

1. 〈パンピーポー〉地元が生んだ小麦が、とびきりのパンに。

パンを焼き出す若松大輔シェフ。お店は1970年代の木造住宅を自身でリノベ。
パンを焼き出す若松大輔シェフ。お店は1970年代の木造住宅を自身でリノベ。

東京からそんなに遠くない川越に、まるで北海道にでもきたような、広々とした小麦畑があるのはちょっとした驚きだ。
若松大輔シェフにとってもそうだったにちがいない。長年使ってきた埼玉県産小麦「ハナマンテン」。どこで栽培されているのか意識することはなかったが、店(かつて営んでいた〈リュネット〉)から車で1時間の場所にハナマンテンを栽培する〈原農場〉があることを知り、出かけていった。収穫直前の6月。たまたま私も同行したのだが、一面に実った小麦を眺めたり、小麦の穂に触ったり、若松さんは時を忘れてたたずんでいた。

黒ゴマのベーグルチェリークリームチーズ各420円。北海道産小麦「春よ恋」使用。チェリーの酸味と黒ゴマの相性が新鮮。
黒ゴマのベーグルチェリークリームチーズ各420円。北海道産小麦「春よ恋」使用。チェリーの酸味と黒ゴマの相性が新鮮。

実はこのハナマンテン、プロの間でも、パンを作るのがむずかしいといわれている。若松さんは、試行錯誤の末、画期的な製法にたどりついた。小麦に水だけを加え一晩置く。すると、まるで隠されていた扉が開かれたように、バゲットでも、食パンでも、いろんなパンが作れる。食感はもっちり、しかも、ほかの小麦ではあまりないほど旨味に満ちた、素朴な風味が香るのだ。
「製法を変えることで、ハナマンテンの別の顔に気づきました。成分表示をあてにせず、自分でがんがん試作したほうがいい。本当のポテンシャルが見えてくる」

ヴァローナチョコリュスティックサンド各360円。北海道産小麦の甘さが表現された高加水パンに、チョコとバターをはさんだ。
ヴァローナチョコリュスティックサンド各360円。北海道産小麦の甘さが表現された高加水パンに、チョコとバターをはさんだ。
窓際のショーケースに置かれたパンを見ながら外で買い物を。
窓際のショーケースに置かれたパンを見ながら外で買い物を。
ヴァローナチョコリュスティックサンド各360円。北海道産小麦の甘さが表現された高加水パンに、チョコとバターをはさんだ。
窓際のショーケースに置かれたパンを見ながら外で買い物を。

ハナマンテンで作る「ミッシュ」(カンパーニュ)や食パン。〈パンピーポー〉に並ぶのは、一つずつ表情があっておしゃれな形の、噛み締めると小麦の香りがあふれだすシンプルなパンばかり。小麦生産者とパン職人が一体となって生み出す、川越ならではの味だ。

〈パンピーポー〉について

_MG_0135

〈パンピーポー〉
住所:埼玉県川越市砂新田1-19-8 │地図
営業時間:10:00〜17:00
定休日:日〜火曜
Instagram:@panpeople__
地元の名店だった〈リュネット〉の若松大輔シェフがオープン。地元産小麦も使用したハード系が中心。

2. 〈川越ベーカリー 楽楽〉川越名物の芋や醤油を生かした名物パン。

木のカウンターには、味噌パンやあんぱんなど、川越らしく和を意識したパンがたくさん。
木のカウンターには、味噌パンやあんぱんなど、川越らしく和を意識したパンがたくさん。

「蔵造りの町並み」から路地を曲がれば、風情ある石畳の菓子屋横丁。木造土壁の店舗に次々と観光客が吸い込まれていく。中へ入ると、おいしそうなパンに目が釘付けになるけれど…上を向いてみよう。個人のお店でここまで、と感動的に高い吹き抜けは、川越の宮大工に依頼、近くのときがわ町で採れた木材を使用と、伝統的で、自然で、地元産であることにこだわった。

お味噌のパン、1番人気のカリじゅわ塩バターパン各250円。表面はかりかり、中からじゅわっとバターがあふれだす。
お味噌のパン、1番人気のカリじゅわ塩バターパン各250円。表面はかりかり、中からじゅわっとバターがあふれだす。

パンも然り。川越名物“川越芋”をイメージした「もっちりおさつロング」、秩父の味噌を使った「お味噌のパン」をはじめ、川越の醤油や黒豚ベーコンなど、川越と周辺の素材を積極的に使用する。

ガチ盛りチーズバーガーセット1,080円。向かいの〈サンドイッチパーラー 楽楽〉の2階でイートイン。
ガチ盛りチーズバーガーセット1,080円。向かいの〈サンドイッチパーラー 楽楽〉の2階でイートイン。

「僕は酒屋の代目。酒屋は継がず、好きなパン屋になったけど、生まれ育ったこの街に恩返ししたい」
〈川越ベーカリー 楽楽〉のオーナーの上野岳也さんも、川越〈原農場〉のハナマンテンを使用。3年前に襲った台風で農場が被害を負ったときは、川越のパン屋さんたちと募金を募った。そしていま、〈原農場〉が遊水地(川が増水したとき畑に水を流す)になる計画が持ち上がるピンチ。テレビなどでハナマンテンのよさを訴え、小麦畑を残そうと一役買った。川越愛が、パンで街を盛り上げる。

〈川越ベーカリー 楽楽〉について

_MG_0263

〈川越ベーカリー 楽楽〉
住所:埼玉県川越市元町2-10-13│地図
TEL:049-257-7200
営業時間:8:00〜17:00(土日祝は7:30〜。売り切れ終了)
定休日:不定休
〈サンドイッチパーラー 楽楽〉は16:30まで営業(売り切れ終了)。

Navigator…池田浩明(いけだ・ひろあき)

「パンラボ」を主宰しながら、ブレッドギークとして、日本全国のパン屋さんを巡り情報を発信する。いち早く国産小麦にも注目し、日本のパンの未来をみつめる。

■パンラボblog:panlabo.jugem.jp

(Hanako1214号掲載/photo:Kenya Abe text:Hiroaki Ikeda)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る