DSC0122
2017.12.24

もっと!日本のおいしさ簡単レシピ 日本が誇るスーパーフード!【長野県開田高原】の「そばの実」をつぶつぶサラダに。

旅行先で買ったり、おみやげでもらったストックフード、キッチンに埋もれてませんか?その1品、ぱぱっとひと手間加えるだけで、きちんとしたひと皿になるんです。料理家さんたちが提案する、日本各地のストックフードを使った簡単レシピの連載を、より詳しく、コツやポイントとともに紹介します。今回は口尾麻美さんが「そばの実」をアレンジしました。

九皿目 口尾麻美さん×そばの実 ぷちぷち食感が楽しい、そばの実のサラダ。

今年、和のスーパーフードとして熱い視線を浴びた、そばの実。そのぷちぷちした食感が大好きという口尾さんが、フランスの国民的な料理ともいえるタブレ風にアレンジ。そばの実は、日本では雑炊にしたり、ごはんに加えて炊くといった使い方が多いけど。「サラダはもちろんですが、スープに入れてもおいしい。リトアニアでは、そばの実をオートミールのようにしてバターを落として食べたりもするんですよ」とのこと。

▶まずは、材料の下準備をします。

今回もすごくカンタン!まずはそばの実をゆでたら、あとは好みの葉野菜と赤玉ねぎを刻んで。

MOVIE_1002_06

▶赤玉ねぎはぜひ!あとは好きな野菜やハーブを加えて。

そばの実とみじん切りにした野菜、あとは塩、レモン汁、オリーブオイルとをよく混ぜ合わせる。本当にこれだけ。「今回はサラダ用の春菊とルッコラを合わせたけど、パセリだけでも。苦みのある野菜がおすすめです」と、口尾さん。

DSC0139

▶野菜を刻んで合わせるだけで、食感楽しいサラダに。

ほかに、トマトやサラダ菜、サラダ用ほうれん草もよいし、シソやミントを加えてもおいしいとのこと。けれど、赤玉ねぎは忘れずに。普通の玉ねぎよりも合うので、できたらこちらで。みじん切りが面倒なら、スライスでもよいのだそう。

DSC0119
DSC0133

▶ぷちぷち食感が楽しい、タブレ風のチョップドサラダ完成!

好みの葉野菜とハーブを細かく刻むだけで、そばの実ともよくなじんで、いくらでもぱくぱく食べられてしまう不思議なサラダ。塩とレモン汁、オリーブオイル、と調味料もごくごくシンプルなのに、香りや食感が楽しくてリピートしたくなる。「サラダとしてももちろんですが、グリルした肉や魚の付け合わせにしてもよいですよ」と、口尾さん。これからのシーズン、年末年始のパーティシーンにもぴったり。

今回使用したのはこちら

unnamed-1

【そばの実】

玄蕎麦の黒い外皮を加熱せず取り除き、香りを損なわず風味よく仕上げた。そば米ともいう。長野県でも有数の産地として知られる開田高原にある「霧しな」のそばの実 250g 600円。■お問い合わせ:銀座NAGANOtel03-6274-6018

今回のレシピはこちら

【そばの実のタブレ】

材料(2〜3人分)
そばの実……………1/2 カップ
春菊(サラダ用、葉の部分)
……………………………1/2束
ルッコラ……………………1袋
赤玉ねぎ…………………1/4個

A
塩……………………小さじ1
 レモン汁……………大さじ1
 オリーブオイル……大さじ3

作り方
1.鍋に湯をわかしてそばの実を入れ、やわらかくなるまで10〜15分煮たら、水気を切っておく。
2.赤玉ねぎはみじん切り、春菊、ルッコラは刻む。
3.ボウルに1.と2.とAを入れ、よく混ぜ合わせる。

レシピを教えてくれたのは……

【口尾麻美】

くちお・あさみ/料理研究家、フォトエッセイストとして旅先で出合った料理や食文化を紹介。著書に『旅するリトアニア』『トルコのパンと粉ものとスープ』など。台湾の「大同電鍋」を使ったレシピ本『はじめまして 電鍋レシピ 台湾からきた万能電気釜でつくる おいしい料理と旅の話』を刊行したばかり。

(photo:Jun Katoz)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る