【台北】地元の人々が集まる名物喫茶〈上上咖啡〉。受け継がれてきたおいしい料理とコーヒーを。
2021.05.04

秘密の台湾。#02 【台北】地元の人々が集まる名物喫茶〈上上咖啡〉。受け継がれてきたおいしい料理とコーヒーを。

昔風のデートがしたい、慌ただしい日常から解放されたい…こういう時は台湾の喫茶店へ。こだわりのコーヒーと懐かしい食事でタイムスリップした気分になれます。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
DSC_0979
DSC_0868
壁に飾られた絵、並べられている小物はオーナーが海外旅行中に集めた記念品。隅々にまで思い出がある。

毛さんとアーロンさんにとって、旅のスタートはいつも喫茶店からだ。「その土地の日常生活を体験できて町とつながれるから」と毛さん。旅行気分で温かい喫茶店を探しては、友人が訪ねてくる際の案内リストにピックアップする。〈上上咖啡〉もその中のひとつ。創業から40年以上経つ〈上上咖啡〉は、ヨーロッパの街角で出会ったお店のようだ。アーチ型のドアと窓ガラスから温かい黄色いライトがこぼれだす。「昔から通っているお客様が多く、三世代でいらっしゃる方も。最近は若い方も増えています」とオーナーの余麗萍(ユイリーピン)さん。

DSC_1004
ボルシチセット260元はトースト、ガーリックトースト、ライスから選択可。食後にはコーヒーか紅茶もどうぞ。

食事の時間になると、半数以上のテーブルには赤色のボルシチが置かれる。牛骨、牛ばら肉と野菜を4時間煮込んで出来た栄養満点の濃厚スープだ。ほかに薬膳ハトムギのスペアリブスープである台湾風の四神薏仁排骨湯(スー シェンイーレンパイグゥターン)や野菜かぼちゃスープも人気。軽く食べたいならサンドイッチと厚切りトーストもある。

DSC_1154
老舗喫茶店のサイフォン式コーヒーは試すべき。ブルーマウンテン150元が看板メニュー。

サイフォンでいれたコーヒーは、深煎りコーヒーを愛するアーロンさんのおすすめだ。ちょっとレトロな雰囲気を楽しみたい時には、台湾では珍しいコーヒーフロートをどうぞ。凝縮された時間で生まれた老舗の思い、店の味を守りつつ、お客さんの心と胃袋を満たしている。

〈上上咖啡(シャーンシャーンカーフェイ)〉

DSC_1213

数十年前から受け継がれてきたおいしい料理とコーヒーを提供する。
■台北市延平南路95號
■02-2314-0064
■10:30~21:00(土日9:00~19:00)無休
■50席/禁煙

Navigators

〈喫茶店 香〉

左・毛家駿(マオ ジャジュン)/空間デザイナー兼カフェ〈時常在這裡(スーツァンザイザーリー)〉店主。台湾と日本を中心に実用的なものを探している。

右・アーロン/〈時常在這裡〉のシェフパティシエ。食材本来の味が楽しめるスイーツが好き。幸せな気分になれるスイーツを作りたい。

台湾の日本好きに向けて発信するウェブメディア。
https://taiwan.hanako.tokyo/

(Hanako1193号掲載/photo : teikoukei text : phoebe wang coordination : Chen Tsuiwen translation : deby tsai produce : Hanako.taiwan)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る