220106_014
220106_014 - コピー

女性に人気のオリジナルの写経も体験! 街に開かれたお寺作りに励む〈高応寺〉住職・酒井菜法さんの場合~働く女性の転機のカタチ~ Chance 2023.01.25PR

埼玉県三郷市にある〈高応寺〉は子ども食堂、ホタルの夕べ、がんカフェ、ヨガ、音楽ライブなどさまざまなイベントが催され、“地域に開かれたお寺”として注目を集めています。ここで住職を務めるのは宗教の領域でもまだ珍しい女性の僧侶、酒井菜法さん。私たちと同じ、一人の女性として悩み、いくつもの選択を重ねながら今があると言います。自分らしい決断をするために仏の教えがどう役立っているのか。新しいお寺のカタチを模索しながら、活動する酒井さんに話を聞きました。
日蓮宗宗務院公式サイトはこちら(PR/日蓮宗宗務院)

地域に根ざした自然溢れる〈高応寺〉にやってきました!

220106_001
220106_023
220106_003

JR三郷駅から徒歩7分ほど。静かな住宅街の中に佇んでいるのが創建400年の歴史を誇る〈高応寺〉です。京都の風情を描写した緑あふれる境内は池や小川が流れ、足を踏み入れるだけでも清々しい気持ちになり、ホッと心が安らぎます。ここで朗らかな笑顔で迎えてくれたのが酒井菜法さん。高応寺に生まれ育ち、約7年前、父の跡を継いで住職になりました。

酒井菜法(さかい・なほう)/埼玉県高応寺住職。埼玉県全63市町村の三郷市キーマン。認定臨床宗教師。日本育児アドバイザー。白金台八芳園マインドフルネスセミナー監修。ヘルシーテンプル認定講師。日蓮宗伝道推進委員。著書に『私はこんなはずじゃないと思っているあなたへ』(主婦の友社)など。
酒井菜法(さかい・なほう)/埼玉県高応寺住職。埼玉県全63市町村の三郷市キーマン。認定臨床宗教師。日本育児アドバイザー。白金台八芳園マインドフルネスセミナー監修。ヘルシーテンプル認定講師。日蓮宗伝道推進委員。著書に『私はこんなはずじゃないと思っているあなたへ』(主婦の友社)など。

自分の悩みと願いに向き合う写経に参加

220106_039
220106_042
220106_044

お寺でできる体験の一つとして人気の写経。高応寺では悩み相談が一気に増えたコロナ下をきっかけに始まったそうです。現在は月に1度開催されていて、毎月欠かさず訪れる人も多いとか。「写経はお経を半紙に書き写すだけではなく、神仏の御前で自分の悩みや心情に向き合い、気づきを深くするための時間だとお伝えしています」と酒井住職。

220106_045
220106_046
220106_047
220106_050

まずは手に香をつけ、両手で擦り合わせたら、その手で全身をさっとなでて清めます。香りが全身を包み、次第に集中力が高まってくるのを感じると、酒井住職が法華経を唱えるのを聞きながら、同じように写経を読経します。

220106_051
220106_055
220106_054

写経用紙を手本の上に載せて、筆を取り、一字一字書き写します。諸経の王と言われる「法華経」は出会うことも理解することも難しいものと説かれていますが、法華経を信じ、読経し、その素晴らしさを伝え、写経することで、一層の功徳があると言われているそうです。写経が終わったら、最後に自分の願い事を書き記します。

220106_057
220106_058
220106_063
220106_066
220106_064

願い事を書いた写経用紙の上に酒井住職が特殊な「叶う」の文字を書き加えて悩みも聞いてくれます。力強い字を見ていると、それだけで元気をもらえます。写経用紙は小さく畳んで、専用のお守り袋に入れます。仏様の前で目を閉じて合掌し、お題目を唱えて、無事写経を終えたことに感謝して礼拝します。このお守りは持ち歩いたり、大事なところに保管して、折に触れて読み返したり、思い出すことで、効果を発揮するそうです。

220106_074
220106_077
220106_078
220106_079

写経の後はおみくじを引くのが高応寺スタイル。なぜ引くのかといえば、悩み事や願い事が叶うための仏様のアドバイスが書かれているからです。「おみくじには、吉か凶があります。凶が出ると不安な気持ちになる人は多いと思いますが、写経を終えた後、凶を引いても不思議と怖くないのです。なぜなら、今は一人で解決するのは難しい悩みも、仏様の前に心をさらけ出し、向き合っていると、漠然とした不安がしだいに減っていき、“凶は今の状態を表しているだけで、大丈夫。なんとかなる”と前を向けるからだと思います」

高応寺では写経体験だけでなく、ヨガ教室や子ども食堂、がんカフェ、マルシェ、音楽ライブ、ホタルの夕べ、毎朝の暁天坐禅、社員研修などさまざまなイベントが催されています。こうしたさまざまな活動を積極的に行う理由は何だったのでしょうか。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR