〈DANCING CRAB 東京〉のメニューフェア「Halloween Banquet-ハロウィン晩餐会-」の試食会をレポート。
2017.10.21

フォトジェニックなブラックグルメが大集合! 〈DANCING CRAB 東京〉のメニューフェア「Halloween Banquet-ハロウィン晩餐会-」の試食会をレポート。

調理されたシーフードを手づかみで豪快に味わうレストラン〈DANCNG CRAB 東京〉では、10月31日(火)までの期間限定で「Halloween Banquet-ハロウィン晩餐会-」を開催。ブラックで統一されたメニューやダンスによって、ハロウィン気分を盛り上げてくれるイベントの様子をご紹介します。

西尾 悠希 / フリーランス

「おいしい料理とお酒が大好きな、フードライター。自分でもおいしい料理を作れるよう日々邁進中です!」

西尾 悠希

ハロウィンムード満点の店内。

入り口では、お化けの人形がお出迎え

新宿駅東南口すぐのビルにある店に一歩足を踏み入れると、店内はオレンジ・黒・紫の装飾で彩られ、店員は魔女や囚人に仮装していたりと店内はハロウィンムード一色!

オリジナルのクラブ(蟹)デザインのカチューシャを付けて準備万端!

囚人に仮装したスタッフ

ハロウィン用のブラックメニューを試食!

インパクトたっぷりのブラックグルメが集合!

今回いただいたのは、Halloween Banquet-ハロウィン晩餐会-」のために特別に開発された「ハロウィン ブラックフード」コースのお料理。全部黒や紫のカラーで統一されたメニューで、とってもおしゃれ!

「スチームド ベジタブル バルサミコソース」

パープルカリフラワー、紫ニンジン、紫ジャガイモ(シャドークイーン)、紫キャベツ、バイオレットトマトなどの野菜を蒸して、バルサミコ酢ベースのソースを付けていただきます。ソースはバルサミコ酢の酸味が効いていて、さっぱりと味わえます。

「“ダブルブラック”フライドポテト」

先程のメニューにも使っている紫ジャガイモ(シャドークイーン)を揚げると、こんな真っ黒なフライドポテトができるそう。野菜の自然な色味というのが驚きですね。ブラックビーンズを使ったディップを付けながらいただきます。ジャガイモと豆が素材なので、見た目と比べて意外とマイルドな味。

「ブラックケイジャンチキン」

まるで焼け焦げすぎて炭になった!?かのような、真っ黒な見た目がインパクト大のチキン。炭の粉入りのケイジャンスパイスを絡めて焼いているそう。恐る恐るレモンを絞って口にすると、中には意外とあっさりしたチキンが隠れていました。

「クラブバック ブラックペッパーソース」

看板メニューのシーフードが登場!テーブルの上にどっさり広げてもらいます。シンガポールで人気という、ブラックペッパーの刺激がクセになるスパイシーなソースを絡めながら味わいます。

ブラックペッパー入りの黒いソースにつけながらいただきます

ソースはブラックペッパーが効いていて、舌がビリビリする程スパイシーで思わずヤミつきになりそうな味わい!ビールなどお酒との相性も良さそうです。

パンも中まで真っ黒!

真っ黒なパスタも手づかみでパクリ!

付け合わせのパンとパスタも、イカスミなどの素材を練りこんでいて「やりすぎでしょ」っていうぐらい真っ黒!どちらもシーフードのブラックペッパーソースに絡めながら食べますが、これも見た目に比べて味は普通のパンとパスタです。

お待ちかねのダンスショーがスタート!

照明が落とされ、仮装したスタッフのダンスが始まります

食事が全部出てくると、いよいよ仮装したスタッフが踊るダンスショーがスタートしました。〈DANCING CRAB 東京〉は通常でも食事をしながら音楽やダンスショーが行われますが、今回は特別にハロウィン仕様のダンスにが楽しめました!

仮装したスタッフがダンスしながら、各席の近くまで回ってくれます

今回初めて〈DANCING CRAB 東京〉でシーフードを手づかみで食べ、とってもエキサイティングな体験だと感じました!今回、期間限定で作られたブラックフードもとても完成度が高くて、このキャンペーンだけで終了してしまうのはもったいないほど。ぜひ今年のハロウィンは、〈DANCING CRAB 東京〉のブラックフードやダンスショーで盛り上がりませんか?


【 〈DANCING CRAB 東京〉店舗情報】
◼︎住所:東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル2F
◼交通アクセス:JR「新宿」駅東南口より徒歩1分
◼︎電話:03-6380-5151
◼︎営業時間:ランチ11:30〜15:30、ディナー17:00〜23:00

西尾 悠希

ハロウィンには、ぜひ仮装をしてお店に行って楽しんでください!外国人のお客様も多くてスタッフも仮装している、このお店なら“アリ”な雰囲気です。

TOPに戻る