アクティビティ充実のホステル?海辺のバケーションハウス?あなた好みの鎌倉・葉山ステイは?
2017.06.16

最新号『鎌倉』特集よりお届け! アクティビティ充実のホステル?海辺のバケーションハウス?あなた好みの鎌倉・葉山ステイは?

グルメはもちろん自然や歴史と多彩な魅力で人気な観光スポット、鎌倉。日帰りもいいけれど、気軽でユニークなステイが増えている今、より鎌倉の暮らしを感じ、魅力を再発見してみませんか?最新号『鎌倉』「まずは江ノ電に乗って、のんびり海ぎわ散歩。」と「せっかくだから鎌倉ステイ!暮らすように泊まってみる。」でご紹介しているステイの中から3軒お届け!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

「まずは江ノ電に乗って、のんびり海ぎわ散歩。」では、海辺のゲストハウスもご紹介しています!(p16~23掲載)

稲村ガ崎の海を望むここは、1Fがギャラリー、2Fがベッドルーム、3Fがリビング&キッチンのビーチハウス。一日借りて、料理したり、くつろいだりして自分の家のようにも楽しめるし、ウェディングなどのイベントもOK。思い思いの使い方で海辺暮らしを楽しもう。

〈Simple House(シンプルハウス)〉

神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-15-7 12:00~20:00 平日1日2名25,000円、3名~5,000円/人、土日祝は28,000円~。*最大8名まで。info@simple-house.jp

「鎌倉でおいしいカジュアルステイ」では女性一人でも安心な厳選4軒をご紹介しています!(p68~71掲載)

中庭に面したラウンジ。自炊用のIHキッチンや冷蔵庫もあり、宿泊者同士の情報交換の場にも。

昼のメニューを刷新した〈ブラッスリーGent〉。

ランチの「たっぷり鎌倉野菜サラダと、目玉焼きガレット」1,380円。そば粉ガレットに野菜が山盛り。

〈ブラッスリーGent〉のバーカウンターでは、国産クラフトビールの生が飲める。

ドレッサー付き、2 段ベッドの6 人部屋。専用トイレや洗面所もあり。

シックなダブルルーム。

館内のスタジオ〈Another World〉ではヨガ、ピラティス、骨盤調整のクラスを毎日開催中!

「世界の若者の旅をサポートしたい」と昨年9月に誕生した、鎌倉エリア最大の宿泊施設。広々とした館内には、ドミトリーや女性専用ルーム、6人部屋など幅広い部屋タイプを用意。羽根布団や高反発マットレス、ドミトリーにはロッカーを完備するなど、お手頃価格でありながら、気配りの行き届いた設備もうれしい。さらにフィットネスや湘南の文化体験などのアクティビティも充実。積極的に参加して世界中のトラベラーとの交流を楽しんで。併設のフレンチ〈ブラッスリーGent〉では、鎌倉野菜を使ったランチやディナーも。

〈WeBase 鎌倉(ウィーベース かまくら)〉

神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-10-7 TEL 0467-22-1221 ドミトリー1名3,800円~、ダブル1室9,600円~、6人部屋1室22,800円~、ファミリールーム一室(定員6名)35,000円~ 禁煙 we-base.jp/kamakura

「葉山でゆったりリゾートステイ」では古民家とヴィラ、対照的な個性の2軒をご紹介しています!(p72~73掲載)

アイアンアーティストによる照明や大きなソファがラグジュアリーな「Unkai( 雲海)」。

寝室は「Unkai(雲海)」のみツインルームが2室。そのほかは1室でクイーンベッドが2台。

「Minamo(水面)」の2階部分。ダイニングテーブルの横には対面型のキッチンが。

個性豊かなヴィラ。写真は「Minamo(水面)」のクライミングウォール。ほかにも秘密の仕掛けが!?

昨年11月にお目見えした、閑静な住宅街の小道に佇むバケーションハウス。愛犬と一緒に泊まれる「Akatsuki( 暁)」、ライブラリースペースが贅沢な「Unkai( 雲海)」、遊び心あふれるインテリアの「Minamo(水面)」。テイストも間取りも異なる全3棟のヴィラは、それぞれアンティークやデザイナーズの美しい家具に彩られ、寛ぎの中にも洗練されたムードを漂わせる。

葉山御用邸の馬場だったという葉山公園は目と鼻の先。夏には海の家が並んでにぎわう一色海岸も徒歩圏内。

滞在中は広々としたキッチンで腕をふるうもよし、徒歩1分の葉山公園でピクニックもよし。静かな環境を楽しんでほしいと、あえてテレビは置いていない。忙しい日常を忘れて、自然の中で過ごす幸せを満喫して。宿泊予約は公式サイトより。

駐車場は各棟1台分用意。

〈The Canvas Hayama Park(ザ・キャンバス ハヤマパーク)〉

神奈川県三浦郡葉山町下山口1969 1棟(最大定員5名)35,000円~(税込) 禁煙 thecanvashotel.jp

最新号『鎌倉』特集では、気軽でユニークなステイをその他多数ご紹介しています!

編集部

ホテルやホステルにゲストハウス…シチュエーションに沿って選びたいですね!

TOPに戻る