糖質オフからマクロビまで。都内のバラエティ豊かなヘルシー食堂3軒
2018.05.11

ダイエット中でも外食選びに悩まない! 糖質オフからマクロビまで。都内のバラエティ豊かなヘルシー食堂3軒

選択に悩みがちなダイエット中の外食。今回は、高タンパク・低脂質・低糖質にマクロビオティックなど…デイリー使いにぴったりのヘルシー食堂3軒を、Hanako『食堂ラプソディ ひとりグルメのひそかな愉しみ』「食堂と健康」よりご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.〈筋肉食堂 水道橋店〉/水道橋

良質な筋肉を育てる高タンパクメニューはがっつりなのに低カロリー。「鶏モモ肉200g+牛肉赤身ハンバーグ150g」1,500円(ランチセット、税込)は脂質や糖質を大幅にカットし、このボリュームで612kcal。ノンオイルソースや米の代わりのキャベツなど、自分でカスタマイズできる。

〈筋肉食堂 水道橋店〉
■東京都千代田区三崎町2-21-11 B1
■03-6261-5212
■11:00~14:30LO、17:00~22:30LO(土11:30~21:30LO、日祝11:30~20:00LO) 無休 
■38席/禁煙

2.〈GAIA食堂〉/御茶ノ水

自然食マーケット〈GAIA〉の食堂。玄米ランチプレート1,000円(税込)は食材から調味料まで〈GAIA〉が吟味した素材のみを使用し、季節のフルーツも添えられて彩り鮮やか。旬の野菜、豆や海藻などの乾物を使い、素材を生かした味付けに。夏でもノンカフェインの三年番茶で体の中から温めるなど、日常で応用できるアイデア満載。

〈GAIA食堂〉
■東京都千代田区神田駿河台3-3-13 3F 
■03-3219-4865
■11:30~ランチがなくなり次第終了 土日祝休 
■12席/禁煙

3.〈鹿屋アスリート食堂 品川シーズンテラス〉/品川

ご飯と具沢山の汁に15種の主菜から3品選ぶ「一汁一飯三主菜」は899円で、写真は552kcal。糖分、塩分の数値や、高カルシウム、食物繊維などのアイコンも表示され、目的別に組み合わせられる。レシートには摂取した鉄分やビタミンCの量までも記載され、栄養管理もばっちり。アスリートはもちろん、持病で食事制限がある人も頼れる。

〈鹿屋アスリート食堂 品川シーズンテラス〉
■東京都港区港南1-2-70 1F 
■03-5715-4505
■11:00~14:30LO、17:30~21:30LO 日祝休 
■28席/禁煙

Hanako『食堂ラプソディ ひとりグルメのひそかな愉しみ』特集では、ヘルシー食堂を多数ご紹介しています。

(Hanako1156号掲載/photo : Hiromi Kurokawa text : Noriko Maniwa text & edit : Kahoko Nishimura)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちらへ。

TOPに戻る