「サロン・デュ・ショコラ・パリ2017」現地レポート!日本の活躍に注目集まる
2018.02.06

本場パリでも話題の日本のチョコレートブランド・ショコラティエとは? 「サロン・デュ・ショコラ・パリ2017」現地レポート!日本の活躍に注目集まる

パリでも注目の日本のチョコレートブランドやショコラティエとは?Hanako『チョコレートの幸せいろいろ。』「サロン・デュ・ショコラ・パリ2017。世界一のチョコの祭典より現地報告!」より、そんな見逃せない日本の活躍をお届けします。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

パリでも存在感を増す〈Meiji〉

今回、ブースで販売した「明治 ザ・チョコレート」の限定商品「メキシコ・ホワイトカカオ」は、希少なホワイトカカオの生産、発酵、乾燥を現地の生産者と共に試行錯誤して実現。

今回初めて会場で発売に。

「ビーン・トゥ・バー」から「ファーム・トゥ・バー」(カカオ農園からチョコレートまで)というメッセージが、一般流通チョコレートの常識を変える試みだと会場の話題をさらった。

生のカカオ豆やロースト機も持ち込んだ展示に子供たちも大喜び! 

本格的な味とパッケージが評価され、C.C.C.が選ぶ「デザイン賞」を獲得!

「デザイン賞」受賞で壇上に立つ、明治のカカオクリエイター・宇都宮洋之さん(右)。

「明治 ザ・チョコレート」を使った料理の実演・試食会に腕を振るうパリの二ツ星シェフ、〈PAGES〉の手島竜司さん(左)。

ショコラもショコラセパレーターも日本の技が光る〈LE CHOCOLAT DE H〉

サロン・デュ・ショコラ・パリ常連のショコラティエ、辻口博啓シェフ。

大人気の展示ブース。新作のボンボンショコラ「C.C.C. ショコラ ルネサンス」が金賞、外国人部門最優秀賞を受賞。

繊細なショコラと同様に今回目を引いたのが、ショコラを潰さず美しくカットするカカオ形の刃物「ワイルドカカオ ショコラセパレーター」。

その断面が切れ味の良さを証明するショコラセパレーター。

刃物のトップメーカー貝印により商品化が実現した。

サムライをテーマに人気!日本酒とのマリアージュを提案する〈Chez Shibata〉

チョコレートメーカー〈セモア〉のアンバサダーを務める柴田武シェフは、「和」のショコラと大吟醸のカクテルを合わせた趣向で勝負。

ショコラに合わせた大吟醸ベースのカクテルを注ぐ柴田シェフ。

さらに試食のプレートは貝印製の日本刀形ショコラナイフ添え!

日本刀形ナイフで切り分ける柚子キャラメル、抹茶サレ、しいたけクリーム&山椒など、和風味ショコラ。

今やフランス語でもある“Samurai”ムードを盛り上げた。

Hanako『チョコレートの幸せいろいろ。』特集では、「サロン・デュ・ショコラ・パリ2017」の様子を多数ご紹介しています。

☆Hanako『チョコレートの幸せいろいろ。』特集はコチラ!
☆人気店のとろける魅惑のチョコレートスイーツはコチラ!
☆ホテルで楽しめるチョコレートスイーツ3選はコチラ!
☆海外発チョコレートブランド1はコチラ!
☆海外発チョコレートブランド2はコチラ!
☆「サロン・デュ・ショコラ・パリ2017」注目ブランドはコチラ!
☆チョコレートの魅力をさらに楽しめるお店はコチラ!
☆バレンタイン気分を盛り上げてくれるホットチョコレートスイーツはコチラ!
☆手軽にコンビニで買える本格チョコレート6選はコチラ!
☆チョコレートの魅力をさらに楽しめるお店はコチラ!
☆絶品いちごスイーツ4選はコチラ!
☆プレミアムいちごスイーツ3選はコチラ!
☆注目パティスリーのバラエティ豊かな「いちごケーキ」3選はコチラ!
☆こだわりの「いちごジャム」3選はコチラ!
☆人気カフェのいちごイベント&フェアはコチラ!

P85掲載

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はhttps://magazineworld.jp/hanako/へ。

TOPに戻る