【三峯・箱根・今戸】ちょっと足をのばしてでも行きたい神社3社。
2018.01.01

2018年初詣におすすめの神社はここ! 【三峯・箱根・今戸】ちょっと足をのばしてでも行きたい神社3社。

『幸せをよぶ、神社とお寺。』「いま、行くべき神社。」では、ちょっと足をのばしてでも行きたい埼玉の三峯・神奈川の箱根・東京の今戸神社をご紹介しています。そんな充実の誌面より、合わせて寄りたいグルメと共にピックアップしてお届け!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

口コミで話題沸騰! 秩父の再奥にある今旬のパワースポット〈三峯神社〉。

「関東最大のパワースポット」として参拝者が殺到。そのお目当ては「氣守」と呼ばれるお守り。このお守りには特別版があり、毎月1日には純白色を頒布。

白い「氣守」(初穂料2,000円)は早朝に引換券が配られる。詳細はウェブサイトで確認を。通常版は黒や赤など計4色あり、各1,000円。

4年前の冬季オリンピックの際、有名アスリートがこの白い「氣守」を心の糧にして練習に励んだというエピソードが有名になり、今や知名度は全国区。駅からのバスは平日でも満員になるし、月初めには早朝から大行列ができるにぎわいぶりだ。

「三ツ鳥居」と呼ばれる珍しい鳥居。ほかに奈良の大神神社などでも見られる。

随身門は約220年前の建築物。表参道からここを通るのが古来の正参道。

1800 年に建立された豪華絢爛な拝殿には七福神の彫刻が。

さらに忘れずに訪れたいのが境内の西のはずれにあるご神木「えんむすびの木」。備え付けの紙に想いを寄せる人の名前を書いて納めると、願いが叶うといわれている。

拝殿から「えんむすびの木」までの参道は高い杉並木を歩く。

〈三峯神社(みつみねじんじゃ)〉
西武秩父駅または秩父鉄道の三峰口駅からバスで40分。西武秩父駅までは、池袋から特急レッドアロー号で1時間20分ほど。
■埼玉県秩父市三峰298-1 
■0494-55-0241
■7:00~17:00 ※季節により変動あり

秩父といえばココは外せない!〈天然氷蔵元 阿左美冷蔵 寳登山道店〉。

かき氷ブームの火付け役〈阿左美冷蔵〉は秩父に2店舗。寶登山神社の参道にあるこちらはカフェ風でモダン。「秘伝蜜」の定番に加え限定メニューが豊富だ。今の季節は「甘さすっきり 生しぼりみかん」1,000円(税込)をぜひ。

〈天然氷蔵元 阿左美冷蔵 寳登山道店〉
■埼玉県秩父郡長瀞町長瀞781-4 
■0494-66-1885
■10:00~17:00 火休 
■50席/禁煙

霊山・箱根山に鎮まる〈箱根神社〉。

良縁を求める人も後を絶たない〈箱根神社〉。観光地でもある箱根らしく、境内は世界中から集まる参拝者がたくさん。

今にも神様が降りてきそう!浮世離れした雰囲気漂う箱根元宮へ駒ヶ岳ロープウェーで。拝殿までのアプローチもまた神秘的。

芦ノ湖畔から鳥居を望む。冬季以外、天気のいい日はボートで近づける。

神前結婚式のカップルに遭遇することも!

表参道の両側は杉林。その先には芦ノ湖が広がる。

箱根神社境内はいつもにぎやか。社殿右手には九頭龍神社 新宮が。九頭龍神社、箱根元宮と箱根神社へ参拝する「三社参り」が理想的。

境内には9つの龍の口から湧き出る龍神水が。

箱根名物である寄木細工のお守り「和合御守」1,500円。互い違いにはまるため、夫婦やカップルで持つと吉とされる。

〈箱根神社〉
新宿から特急ロマンスカーで箱根湯本まで約90分。その後、元箱根までバスで約40分。箱根元宮へは駒ヶ岳ロープウェーを利用。往復1,300円(税込)。
■神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1 
■0460-83-7123
■8:00~17:00(御守所)

合わせて寄りたい、箱根の歴史を感じるクラシックホテル〈富士屋ホテル〉。

1878年に創業し、名だたるセレブリティも宿泊したリゾートホテル。

おすすめはメインダイニング「ザ・フジヤ」のビーフカレー(2,290円)。ランチ付きの日帰り滞在プラン(8,640円)も。

〈富士屋ホテル〉
■神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359 
■0460-82-2211
■7:30~9:30、11:30~14:00LO、17:45~20:30LO 無休 
■200席/禁煙

猫たちがご縁も招く、都内最強の縁結び神社〈今戸神社〉。

イラストレーターとしても活躍する美人禰宜・市野智絵さん。絵馬やお守りのイラストも手がける。「縁結び会」は不定期開催。詳細はウェブサイトをチェック。

近隣は今戸焼発祥の地であり、戸時代には焼き物の猫が大流行。招き猫発祥の神社としても知られ、今でも境内に大小さまざまな猫たちが鎮座する。

よく見ると表情が異なる「なぎちゃん」と「なみちゃん」。

なかでも本殿の中、つぶらな瞳でお出迎えしてくれる大きな「なぎちゃん」「なみちゃん」には思わずキュン。絵馬やお守りなども猫モチーフがたくさん。

ご神木の周りを取り囲むようにして絵馬が。

絵馬は「縁結絵馬」と「成就絵馬」がある。各700円。角が立たず、丸く円満に収まるように丸い形に。お願いごとのほとんどはご縁関係。

お守りは全部で7色。お正月には限定のハート柄も。各800円。

〈今戸神社〉
浅草駅から住宅街を抜けて歩くこと15分ほど。新撰組の沖田総司終焉の地ともいわれていて、歴史ファンにとっての聖地でもある。大晦日と元日は参拝時間が延長。
■東京都台東区今戸1-5-22 
■03-3872-2703
■9:00~17:00

『幸せをよぶ、神社とお寺。』特集では、三峯・箱根・今戸神社の魅力をその他多数ご紹介しています!

☆『幸せをよぶ、神社とお寺。』特集はコチラ!

〈三峯神社〉P22~24掲載
〈天然氷蔵元 阿左美冷蔵 寳登山道店〉P25掲載
〈箱根神社〉P26~28掲載
〈富士屋ホテル〉P29掲載
〈今戸神社〉P30~31掲載

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はhttps://magazineworld.jp/hanako/へ。

TOPに戻る