【渋谷・原宿・外苑前】ひとりごはんにもぴったり!おしゃれなヘルシーメニューを食べるならこの3軒。
2017.11.25

アフリカ料理店のヴィーガンプレートからオーガニック定食まで。 【渋谷・原宿・外苑前】ひとりごはんにもぴったり!おしゃれなヘルシーメニューを食べるならこの3軒。

『300人に聞いた!いま東京で、絶対に行きたい店』「素敵空間できちんとごはんが東京フードの新スタイル。」「カウンターがある店で、ひとり時間を思い切り満喫!!」より、ひとりごはんにもぴったり!ヘルシーに楽しめる、原宿・外苑前のおしゃれなカフェと渋谷のアフリカ料理店をご紹介。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

おしゃれ定食より〈TWIGGY.cafe〉〈Ones by Sosu〉をお届け。

ヘアサロンのカフェ〈TWIGGY.cafe〉で季節感のあるご飯を。

ランチプレート(~15:00)は、自然農法で作られた北海道産のオーガニック食材をメインに取り入れ、既製品をなるべく使わないというこだわりが。

「秋のプレート」日替わりの天ぷら、ほうれん草と柿の白和えなど。茶碗蒸しのなめたけも自家製。ご飯は北海道産の有機新米。1,400円(税込)。

メニューは日替わりで、豚汁定食1,100円(税込)のほか、薬膳やヴィーガンなど、体が喜ぶフードを提供。ガレットや季節のスムージーもいただける。

人気ヘアサロン〈TWIGGY〉のお隣、3階にあるため、穴場感たっぷり。

〈TWIGGY.cafe(ツイギーカフェ)〉
■東京都渋谷区神宮前3-35-7-001 
■070-5461-9377
■11:00~19:00(18:30LO)※変更の場合あり 火休 
■16席/禁煙

〈Ones by Sosu〉空間演出の素晴らしさに加え、味も絶品。

〈SOSU〉のプロデュースにより昨年11月オープン。

カウンターキッチンに対面したウッドテーブルは、ヨーロッパの家庭をイメージ。ランチメニューは週替わりで、「本日のデリプレート」のほか、〈ライザップ〉監修のお米抜きメニューもあるので、糖質を気にする人はぜひ。

「本日のデリプレート」

こちらは10月の一例で、れんこんのはさみ揚げ、小松菜と春菊のお浸しなど。米は奈良産の無農薬米。1,200円。テイクアウトもOK。

最上階には完全予約制の〈Roof Top Restaurant & Bar〉が。

〈Ones by Sosu(ワンズバイソスウ)〉
■東京都渋谷区神宮前3-30-12 Gビル神宮前1F 
■03-6447-2658
■9:30~20:00(土日祝~19:00) 不定休 
■29席/禁煙(テラスのみ喫煙)

ひとりごはんより〈Los Barbados〉をお届け。

こぢんまりしたスペースにカウンターが8席。斉藤アリスさん行きつけのアフリカ料理店〈ロス・バルバ
ドス〉は、ご本人はもちろん、ひとりで来るお客さんがとても多いのだとか。

「店主の上川さんご夫妻の明るい人柄と、アフリカの民芸品や絵に囲まれた小さな空間が、ひとりで行っても温かい気持ちにさせてくれるんです。それにヴィーガンを基本とした料理は、どれもおいしくてヘルシー。

大好物の『ヴェジタリアン・マッツァ』は、S、R、Lとサイズがあり、Rはひとり分にちょうどいい。色とりどりのお惣菜やコロッケをピタパンに詰めて食べれば幸せ。」

〈Los Barbados(ロス・バルバドス)〉
アフリカ料理を中心にレバノンの「ヴェジタリアン・マッツァ」1,250円など周辺の料理も。「ピタパン」は1枚100円(各税込)。スピリッツ系の珍しいお酒も充実。

■東京都渋谷区宇田川町41-26 パピエビル104 
■03-3496-7157
■12:00~15:00、18:00~22:00 日休 
■8席/禁煙

『300人に聞いた!いま東京で、絶対に行きたい店』特集では、おしゃれ定食とひとりごはんをその他多数ご紹介しています!

☆『300人に聞いた!いま東京で、絶対に行きたい店』特集はコチラ!
☆魅惑のデザートピッツァなど2017年必食のスイーツはコチラ!
☆代々木上原&八幡、浅草観音裏、目黒通り…いま注目の3大グルメエリアで行くべきお店はコチラ!
☆おしゃれな新感覚アジア料理はコチラ!
☆話題の立ち飲みイタリアンに居酒屋感覚で楽しめるカウンターフレンチはコチラ!

〈TWIGGY.cafe〉P56掲載
〈Ones by Sosu〉P57掲載
〈Los Barbados〉P86掲載

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はhttps://magazineworld.jp/hanako/へ。

TOPに戻る