まるでインドの邸宅にお呼ばれ気分♡ゆっくり寛ぐならこだわりのお茶カフェで決まり!
2017.11.10

ティー派が行くべき個性豊かなお茶カフェ3選。 まるでインドの邸宅にお呼ばれ気分♡ゆっくり寛ぐならこだわりのお茶カフェで決まり!

薬膳仕立てのヘルシーメニューが楽しめたり人気フラワーショップが併設しているカフェや、まるでインドの邸宅に招かれたような雰囲気たっぷりの紅茶&カレー専門店…最新号『ティーブーム到来!本当は、お茶が好き。』「お茶しに出かけたくなる、ほっこりカフェが増えています。」「長く愛されるティーハウスへ、常連になったつもりで。」より個性豊かなお茶カフェをお届け。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

本誌にて紹介中!食事も充実しているお茶カフェより〈サルトリイバラ喫茶室〉をお届け。

階段の先の扉を開けると、手巻きの古時計が刻むチクタクという音と清らかな紅茶の香りが広がる、静かな佇まいの空間が。

かつて住居だった場所をリニューアルした店内はイングリッシュグリーンの壁が印象的。

店主・中野木綿子さんが提供するのは、無農薬や有機、自然栽培で育てられた選りすぐりの国産紅茶と、手間ヒマかけて作られた紅茶に合う薬膳仕立ての体にやさしいメニュー。

薬膳仕立てのおこわと1杯茶のセット(薬膳スープ付き)1,180円。鶏か豆のおこわを選べる。 

有機にんじんケーキ560円、紅茶730円~(各税込)。

アンティークのティーカップや食器など、細部にいたるまで素敵!

〈サルトリイバラ喫茶室〉
■東京都杉並区高円寺南3-46-2 2F 
■03-6383-2826
■12:00(土日11:30)~22:00(日~20:30) 水休 
■14席/禁煙

本誌にて紹介中!ショップ併設に生演奏…バラエティ豊かなお茶カフェより〈from afar 倉庫 01〉をお届け。

蔵前駅と浅草駅のちょうど中間、材木倉庫として使われていた建物を改装したカフェ。今夏、雑貨の物販スペースをなくし、カフェスペースがさらに広くなった。

カフェスペースには書籍や雑誌、絵本がずらり。お茶とともにゆったりと読書の時間を楽しむことができる。

最近メニューに仲間入りした「水鳥」は、緑茶にいちごと桃、花を加えたブレンドティー。500円。

ここでは自慢のコーヒーと合わせて、中国茶やブレンドティーなど厳選したお茶を伊万里焼のカップに淹れて提供する。

店内には中目黒の人気花屋〈ex.Flower shop & laboratory〉のスペースもあり、季節の花々との出会いも。ドライフラワーのブーケはギフトにもおすすめ。

〈from afar 倉庫 01〉
■東京都墨田区東駒形1-1-9 
■TEL:非公開
■12:00~19:00 月休 
■26席/禁煙

老舗紅茶専門店を紹介している中から〈ダージリン 日暮里店〉をピックアップ!

オリジナルブレンドのミラジュラティー(850円)に、チキンカシミール(1,150円)とチーズナン(500円)。

カレー専門店、はたまたコーヒー&カレーの専門店は数あれど、紅茶&カレーの両輪で専門を謳う店はどれだけあるだろう?〈ダージリン〉は1994年の創業時から、オーナーのランジャンさんが祖国インドの本物の紅茶とカレーにこだわっている。

ランジャンさんがサーブしてくれると俄然おいしさが増す気がする。

名物のひとつ、チーズティッカ(600円)。

料理人もスパイスも店内の家具も、もちろんメイド・イン・インド。重厚なカトラリーやポットなどもいちいち素敵で、雰囲気たっぷりの店内に一歩踏み入れれば、インドのリッチな邸宅にお呼ばれした気分になること請け合いだ。

〈ダージリン 日暮里店〉
■東京都荒川区西日暮里3-10-3 
■03-5685-0267
■11:00~23:00 無休 
■32席/禁煙

最新号『ティーブーム到来!本当は、お茶が好き。』特集では、お茶カフェをその他多数ご紹介しています。

☆最新号『ティーブーム到来!本当は、お茶が好き。』特集はコチラ!
☆LA発〈ALFRED TEA ROOM〉など続々上陸するティーブランド&カフェはコチラ!
☆都内で楽しめる世界のアフタヌーンティーはコチラ!
☆楽しみ方が広がる日本茶はコチラ!

〈サルトリイバラ喫茶室〉P33掲載
〈from afar 倉庫 01〉P34掲載
〈ダージリン 日暮里店〉P掲載

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はhttps://magazineworld.jp/hanako/へ。

TOPに戻る