最新号『今、食べたいのはアジアごはん。』特集、本日発売。
2017.08.24

たっぷり140軒、食べたいアジアンフードが見つかる! 最新号『今、食べたいのはアジアごはん。』特集、本日発売。

ベトナムをはじめタイ、シンガポール、さらにはネパールやミャンマーといった東京のグルメシーンを賑わせるアジアごはん。よりヘルシーに、よりおしゃれに進化する話題の新店から巷で人気のソウルフード、魅惑のシンガポール美食紀行もお届け。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

まずは特集内容をチェック!

都内を中心にたっぷり140軒。フォーやチキンライス、バインセオといった人気メニューから未知なるスイーツまで、やみつき必至なアジアングルメがいっぱい!

オープン半年で予約殺到の人気店に!イメージは“パリにあるベトナミーズ”。

代々木公園そばの閑静な住宅街に佇む一軒家レストラン。自然派ワインと、素材の味をいかしヘルシーに洗練されたベトナム家庭料理が楽しめるこちら、その人気の秘密とは?

ソムリエが提案!厳選ワインとベトナム料理の極上マリアージュ。

今夏オープン!名フレンチ出身のソムリエが手掛ける、素材にこだわったモダンベトナミーズ。充実のラインナップのワインとのペアリングでさらに広がるベトナム料理の可能性に注目!

シドニー発!モダン・タイ・レストランがいよいよ上陸。

よりヘルシーに昇華させ、さらにトレンドのオレンジワインやオリジナルカクテルとのペアリングも提案する進化系タイ料理。〈THE APOLLO〉のオーナーと〈bills〉のシェフが手掛けるこちら、シドニーの人々を魅了するそのテクニックとは?

森の中に佇む、癒しのベトナムカフェへ。

ハンモックやカラフルなハンギングチェア…静岡県の山奥に広がるベトナム空間で、ベトナム女性オーナーのお母さん直伝の本場の味を。

パリの人気シェフが名画『夏至』の世界を体現!

〈ローズベーカリー〉〈ナナシ〉を経て、昨年自身の店〈Le Petit Keller〉をオープンした遠藤カホリさん。そんなパリを拠点に活躍する人気シェフに、三姉妹の移ろう女心を描いたベトナム映画『夏至』からインスパイアされた新レシピを教えてもらいました!

Book in Bookはシンガポールのグルメ紀行!

屋台フードからグランドレストラン、さらには多民族国家ならではの個性溢れるグルメまで、シンガポールで叶うとっておきのおいしい旅をお届け。

緑豊かなシンガポールの観光スポットではずせない2つの植物園、世界遺産とスーパー・ツリーが有名な未来型ガーデン。それぞれ名シェフによるとっておきの美食体験が待っています!

過去に英国の統治下にあり、豊かなお茶文化が育まれたシンガポールで楽しみたいものといったらアフタヌーンティー。憧れブランドのティーサロンでトラディショナルなハイティー?それとも伝統建築内で中国茶を基本としたコースにする?

最新号『今、食べたいのはアジアごはん。』特集では、その他多数のアジアンフードをご紹介しています!

編集部

未知なるグルメに挑戦すると、ちょっぴり旅行気分に浸れます!

TOPに戻る