気遣い満点の好青年。 トーク上手な一面も!
2017.07.16

1137号「LOCKER ROOM」はみだしレポート / トレイルランニング 上田瑠偉選手 (コロンビアスポーツウェアジャパン) 気遣い満点の好青年。 トーク上手な一面も!

※この記事は、Hanako1137号掲載の「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタです。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

この日の撮影場所は都内にある「戸山公園」。実はここ、上田選手の母校である早稲田大学のすぐ近くに位置し、「学生時代、昼休みに走ったり、園内の箱根山で流星群を見たり。早稲田生には馴染みのある公園です」と、懐かしそうに話してくれました。撮影後には周辺でインタビューを行うため、公園を出て大通りのほうへ。が、敷地が広大なため、本誌スタッフが出口を探して迷っていると、「こっちのほうが近道ですよ」と先導してくれる優しい上田選手。また、インタビュー場所についても、「オシャレなカフェが何軒かありますよ!」と、ゆっくりお話できそうなお店を教えてくれたり…。何から何までお世話になりっぱなしでした(笑)。 
インタビューではトレイルランニングの魅力からレースの思い出、彼女とのデートネタまで、ざっくばらんに話してくれた上田選手。さらに、競技の歴史や他国のトレラン事情といった話も織り交ぜながらのトークはとてもおもしろく、時間を忘れて聞き入ってしまうほど。普段、マーケティング部員としてお仕事されている上田選手の“デキる男”の一面も見せていただきました。

Birthday 1993/10/3
Blood type A
Height 169cm
Birthplace NAGANO

うえだ・るい●高校時代は駅伝部に所属。早稲田大学に進学後、陸上同好会に入り、トレイルランニングに出会う。2013年、トレイルレース初挑戦となった『三原・白竜湖トレイルランレース』にて、大会新記録で優勝。’16年、『UTMB(CCC)』準優勝。

photo:Yasunori Yamamoto (GIG)
text&edit:Naoko Sekikawa

編集部

撮影中、自社のシューズがキレイに写るように気を配る上田選手。マーケティング部員の顔に!

TOPに戻る