梅雨にぴったりな簡単ヘアアレンジ!ヘアスタイリストが教える小技をマスターしよう!
2018.05.26

梅雨時のヘアスタイリングの悩みを払拭! 梅雨にぴったりな簡単ヘアアレンジ!ヘアスタイリストが教える小技をマスターしよう!

湿気の多い梅雨の時期、ヘアスタイリングに悩む人も多いのでは?Hanakoの読者コミュニティ「ハナコラボ」メンバーでヘアスタイリストのyukiさんが、同じくハナコラボメンバーでモデルの紅さんに、梅雨にぴったりな編み込みのツインテールを教えてくれました。簡単な仕込みや小技も必見!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

今回登場するハナコラボメンバーをご紹介!

■ハナコラボ yukiさん

神宮前のサロン〈コレール〉で活躍するヘアスタイリスト。「クールでモード、技をピリッと効かせたスタイルが得意です」。ヘアメイクアップアーティストとしても活動中。

■ハナコラボ 紅さん

モデル。黒髪のストレートヘアが自慢。でも梅雨時には広がってしまう悩みが。「そうなるともっぱらポニーテール。簡単なのに凝って見えるアレンジに憧れます!」

キュッとまとめて梅雨時もアクティブに!

梅雨に備えて、髪の湿気対策を練り始めたい今。ハナコラボメンバーでヘアスタイリストのyukiさんに、最旬アレンジを教えてもらうことに。モデルの紅さんが、yukiさんのサロンを訪ねた。

yukiさんにスタイリングしてもらいながらコツを学ぶ紅さん。

「梅雨時のアレンジは、ゆるくせずキチッとまとめるのがおすすめ」とyukiさん。今回は編み込みのツインテールに挑戦する。「編み込みが苦手だったら三つ編みでもOK!」。

今回必要なのは、細めのゴム2本、短いヘアピン3本ほど、ヘアオイル、やわらかめのワックス。

スタイリングの土台として、まずは少し濡れた髪にオイルをなじませることが重要だそう。

濡らした髪にヘアオイルをなじませる。オイルの量は10円玉大。

水分をコーティングして髪をまとめてくれるので、広がりを抑えられる。

手にワックスを広げて編み込み開始。頭の“はち”部分で髪を取り、3つに分けた毛束に少しずつ残りの髪を足しながら編んでいく。このとき、編んでいない側の髪(写真では左半分)はクリップで留めておくとスムーズ。
三つ編み部分までゆるみのないように。

編み込みは頭の形に沿って、ゆるみのないよう進めていく。襟足まで来て三つ編みに切り替えたら、束の量を不ぞろいにして表情をつけるのがポイント。

左右対称にするコツは、最初に取る髪の量を同じにすること。

仕上げにもう一つyukiさんの技が。

顔まわりの産毛や残った前髪は、ねじってピンで留め、アクセントに。

「ただの編み込みだけだと、印象が弱め。前髪をねじってピンで留めるだけで、こなれて見えます」(yukiさん)。

完成。

レクチャーを受けた紅さんの感想は?

「一日アクティブに動き回りたいときはぴったり。頑張って練習します!」

今回体験した〈correr〉、詳しくはこちら!

yukiさんが働くサロンがこちら。エントランスはかわいいタイル敷き。メニューはカット6,480円、カラー7,560円(各税込)~など。
■東京都渋谷区神宮前6-7-14 NKビル2F
■03-6712-6945 
■11:00~21:00(土日祝10:00~19:00) 月休 
www.correr-hair.com 
■@correr.harajuku

(Hanako1157号掲載/text : Kahoko Nishimura)

編集部

巻きもストレートもダメな時は、夜会巻きにします。

TOPに戻る