「撮りに」行きたくなる香港。
2017.11.29

レトロマーケットにインスタグラマーが集まる団地!? 「撮りに」行きたくなる香港。

香港といえば「100万ドルの夜景」。ネオンサインと高層ビルのイメージが強いですが、実は今、意外なスポットがフォトジェニックだと話題を集めているんです。特に若い女子たちに人気のロケーションを厳選してご紹介します。

☆「駆け込み上海蟹に絶品屋台。冬の香港を食べつくす!」はコチラ!

矢吹 紘子 / ライター兼通訳案内士。

「『Hanako』などで執筆するかたわら東京を訪れる旅行者を日々案内。www.tokyoai.jp

矢吹 紘子

ノスタルジックで新しい、香港の新インスタスポット。

逸東(ヤットン)の香港街市(ホンコンガイシー)

地元民向けの古いマーケットが、昨年ノスタルジックな雰囲気を残しつつ、モダンにアップデートされてリニューアル。テーマは1960年代の香港で、ランプやポスターなどもレトロかわいい!

その昔使われていた人力舎が入口横に。街市(ガイシー)とは生鮮食品などを売る市場のこと。こちらはテイクアウトフードも充実していて、私は朝ごはんにお粥をいただきました。

住所:G/F, Yat Tung Shopping Centre, Tung Chung
アクセス:MTRのTung Chun(東涌)駅から38番のバスで終点下車。

彩虹邨(Choi Hung Estate)

文字通り、虹色の外壁が目を引く公団。1960年代前半築の古い建物ですが、インスタ映えするということで、今若者の間で大人気。バスケットコートがあったりして、香港なのに、どこか西海岸っぽさ漂う雰囲気もまた素敵なのです。

住所:Choi Hung Estate, Choi Hung
アクセス: MTRの彩虹(Choi Hung)駅から徒歩5分。

南山邨(Nam Shan Estate)

団地つながりでもうひとつ。こちらは1977年に完成した公団で、古い学校のような遊び場がなんともノスタルジック。この日もインスタグラマーと思われるカップルが時間をかけて撮影していました。

生鮮市場も併設していて、上から撮るとこんなカットに。決して観光客向けではないけれど、キッチンタオルなどの小物はデザインの古さが逆に新鮮でした。

住所:Nam Shan Chuen Rd, Shek Kip Mei
アクセス: MTRのShek Kip Mei (セキコウビ)駅から徒歩5分。

定番観光地を新たな目線で!今、撮るべき場所はココ。

Mong Kok (旺角)のマーケット

香港を代表する一大マーケットエリアが『モンコック』。ガイドブックには必ず載っている超定番スポットですが、最近若い男女にリバイバル的に人気なのが、写真映え抜群のこちらのストリート。

金魚街(Goldfish Market)は 、金魚をはじめ、ありとあらゆる熱帯魚や魚が買えるストリート。香港では風水が生活に根ざしていて、金運を呼び込むという金魚はラッキーアイテムなのだそう。

住所:Tung Choi Street North, Mong Kok
アクセス:MTRのMong Kok(旺角)駅から徒歩10分。

もうひとつはこちらのFlower Market Street。花も風水上の重要アイテムで、ショップや商業施設はもちろん、一般のお客さんもこちらで買っていくのがごく普通だといいます。日本に買って帰るのは難しいけれど、ホテルの部屋に飾るのはありかも。

住所:Flower Market Rd, Mong Kok
アクセス:MTRのPrince Edward(太子)駅から徒歩15分。

Harbour City (海港城)

九龍サイドの大規模なショッピングセンター『Harbour City』。ここへ来たら、先日拡張オープンしたばかりの『オーシャンターミナルデッキ』へ。ヴィクトリア湾を臨む絶景に加え、レストランもショップも充実。そして気が付きましたか?小さなインベーダーアートが!

ストリートアート集団INVADERとコラボレーションイベントを開催した名残だそうで、デッキ以外にもあちこちに発見。こんな大きなヤツも。ぜひ探してみてください。

住所:3-27 Canton Rd, Tsim Sha Tsui
アクセス:MTRのTsim Sha Tsui(尖沙咀)駅直結。
http://www.harbourcity.com.hk/en

Bird Garden(園圃街雀鳥花園)

鳥を愛でるのは文士のたしなみ、という中国の古い文化の影響で、鳥好きが集うのがこちらの『バードガーデン』。色々な種類の小鳥たちも、そしてそれらを慈しむおじさま方も、どちらもかわいくてキュン。撮るなら鳥かご×壁のモザイクが外れなしです。

ご自慢の小鳥たちと一緒に、満面の笑みの仲良し二人。園内のベンチにはこんなおじさまたちがたくさん。鳥談義に花を咲かせるのでした。

住所:222-224 Prince Edward Rd W, Mong Kok
アクセス:MTRのPrince Edward(太子)駅から徒歩15分。

街がカラフルで賑やかなのが香港の素敵なところ。12/1からは「香港ウインター・フェスタ2017」もスタート。『香港文化センター』の3Dライトショーや『マンダリンホテル』のクリスマスツリーなど、この時期だけの撮りどころがたくさん。ぜひ訪れてみてください。

☆「駆け込み上海蟹に絶品屋台。冬の香港を食べつくす!」はコチラ!

矢吹 紘子

鳥好きのおじさんたちに癒されました。

TOPに戻る