粋な和のグルメも楽しめる、ふらっと寄りたい外国人ウケ抜群の浅草のホテルって?
2017.09.18

広がるホテルの楽しみ方! 粋な和のグルメも楽しめる、ふらっと寄りたい外国人ウケ抜群の浅草のホテルって?

使い勝手のよい居酒屋があったりと、ホテルのイメージを覆す浅草の2軒をご紹介!

こんな記事もオススメ!
□ユニークなショップにヘルシーランチ…渋谷の使い勝手抜群のホテルはコチラ!
□インスタグラマー〈もろんのん〉による連載、夢のホテルステイレポはコチラ!
□夏に溜まった疲れをすっきり!極上のホテルスパプランはコチラ!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

個性派コラボに日本酒。新しいASAKUSAを開拓!〈WIRED HOTEL ASAKUSA〉

宿泊者は〈Tokyobike〉の自転車をレンタルできる(有料)。

まず1階のカフェ・バー〈ZAKBARAN〉へ。

レンガの壁が印象的な〈ZAKBARAN〉。

日本酒に精通する支配人によるSAKEコレクションと、豆腐からどじょうまで気軽で楽しい和のおつまみメニューの数々は、日本人でも大満足。

どじょう唐揚げスティック600円、出汁巻き玉子 生のりあんかけ600円、夏限定の日本酒大那900円。

客室は「SUPERIOR」「STANDARD」「DORMITORY」の3カテゴリー。

ドミトリーを含め全ての客室にスウェーデンの〈デュクシアーナ〉のマットレスを完備。

10階の客室。檜風呂のバスルームからは浅草寺を一望。

西舘朋央によるコラージュアート。

「LOCAL COMMUNITY HOTEL」というコンセプトどおり、地元のメーカーとのコラボレーションも特徴。宿泊者はアメニティで、ビジターなら1階のショップでふれることができる。

こちらは4階のコモンスペース。壁には“粋な江戸みやげ”をテーマに掲げるブランド〈新吉原〉とハンドペイント〈NATURALLY PAINT〉の作品が。

近隣のおすすめスポットを紹介するカードがずらり。リングでまとめればオリジナルのガイドブックが完成。

ゆっくりした後は、オリジナルのガイド片手に、浅草探索へ繰り出そう。

〈ZAKBARAN〉ではイベントを定期的に開催。隔週月曜18:00~20:00は松浦俊夫をホストに迎え、ロンドンのオンライン・ラジオ・プラットフォーム〈Worldwide FM〉の番組を生放送。

〈WIRED HOTEL ASAKUSA(ワイアードホテル アサクサ)〉
ドミトリー1泊1人5,400円~、個室1泊1室14,040円~(共に税サ込)。季節により変動あり。

■東京都台東区浅草2-16-2 浅草九倶楽部 
■TEL 03-5830-7931
■全30室 
■IN15:00/OUT11:00 
■ZAKBARAN 7:00~23:00(フード22:00、ドリンク22:30各LO) 
■無休

飲んで和んで仕事もできる浅草・すしや通りの顔〈BUNKA HOSTEL TOKYO〉

2015年末にオープンして以来、すっかり地域になじんだ感のある〈BUNKA HOSTEL TOKYO〉。

開放的な〈居酒屋 ブンカ〉は、Wi-Fi完備はもちろん、電源も利用できるとあって何かと使い勝手よし。

長芋の唐揚げ360円、マグロとアボカドのタルタル600円。

利き酒師でもあるスタッフイチオシの文佳人夏吟醸550円。

この夏はメニューを一部リニューアルし、待望のランチがスタートした。

ランチのローストビーフ丼1,000円(各税込)。

宿泊者専用のコモンダイニング。

7階のファミリールームはスカイツリービュー。

客室はドミトリーも含め全てバンクベッド仕様。

ゲストの8割が海外からで、個人旅行者から修学旅行客までいつも大にぎわい。隣に座った人とすぐ友達になれそうな、フレンドリーな雰囲気を楽しもう。

〈BUNKA HOSTEL TOKYO(ブンカ ホステル トーキョー)〉
バンクベッド(ドミトリー)1泊1人3,000円~、(シングル)1人5,000円~、ファミリールーム1泊1室16,800円~(全て税サ込)。

■東京都台東区浅草1-13-5 
■TEL 03-5806-3444
■全128ベッド 
■IN16:00/OUT11:00 
■居酒屋 ブンカ 7:00~16:30、17:00~22:30LO 
■無休

こんな記事もオススメ!
□ユニークなショップにヘルシーランチ…渋谷の使い勝手抜群のホテルはコチラ!
□インスタグラマー〈もろんのん〉による連載、夢のホテルステイレポはコチラ!
□夏に溜まった疲れをすっきり!極上のホテルスパプランはコチラ!

(Hanako1139号/photo : Seishi Shirakawa, Yoko Tajiri,
Misa Nakagaki text : Hiroko Yabuki)

編集部

〈ZAKBARAN〉の「どじょう唐揚げスティック」に「出汁巻き玉子 生のりあんかけ」、とってもお洒落です♪

TOPに戻る