健康的に痩せるなら、〈タニタ食堂〉のヘルシーメソッドを見習うべし!
2018.05.30

いま一度見直したい、ダイエットの基本とは? 健康的に痩せるなら、〈タニタ食堂〉のヘルシーメソッドを見習うべし!

巷に溢れるダイエット法。一体どれが正しいの!?と惑わされている人も少なくないはず。そんな中いま一度振り返りたい、健康的に痩せるダイエットの基本が詰まった〈タニタ食堂〉のヘルシーメソッドをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

ヘルシー・メソッドでおいしく健康的な定食に。

〈タニタ食堂〉の定食は一食たったの500キロカロリー前後。主菜に副菜、ご飯に味噌汁まで、お腹いっぱい食べても罪悪感なし。彩り豊かでボリューム満点、これでダイエットになるなんて!

週替わり定食「さわらのベジタルタルソース」

タルタルソースはカロリーハーフのマヨネーズにヨーグルトを合わせてカロリーダウン。パプリカなど5㎜角に切った野菜を加え、食感をよくしている。1,100円(税込)

料理をとびきりヘルシーにしているのが、タニタ独自のこだわりメソッド。管理栄養士の監修のもと、毎日無理なく続けられる健康メニューを提供している。

ご飯の目安は1膳100g(約160キロカロリー)。お客がセルフサービスで茶碗によそい、量を目で見て確かめることで、普段何気なく摂取しているカロリーを把握するきっかけに。

ご飯を軽めにする一方、どの料理にも野菜をたっぷり使ってボリューム感をプラス。さらに野菜は噛み応えを残すために火入れを加減するなど、調理法にも工夫を凝らす。使用する塩分量は、塩、味噌、醤油をはじめ、調味料を全てあわせて一食3g以下。塩味を控えている分、だしやスパイスを駆使して香りや旨みを高めているため物足りなさはなし。塩を極力減らすことにより、旬の素材の持つ滋味がより際立つというメリットも。

また「早食いは肥満の敵!」と、各テーブルにデジタルタイマーを設置。これはゆっくり噛んで味わうことで満腹中枢を刺激し、いつもより少ない量で満腹感を得るのが狙い。実際にタイムを計測してみると、普段いかに早食いになっているかわかるはず。

日替わり定食「韓国風焼肉定食」

肉は脂身を極力取り除き、副菜の小鉢には油をほとんど使わずヘルシーに。ご飯は玄米ご飯と金芽米ご飯の2種類があり、お好みで選ぶことができる。880円(税込)

盛り付けの美しさもこだわりの一つ。色とりどりの旬を盛り込んだ定食は、目にも楽しく食べる喜びを喚起する。

タニタが提唱するのは、おいしさとからだへの優しさ、そして食の大切さへの気づき。まずはランチタイムから健康食を取り入れて、日々の生活を改めて見つめ直してみては。

〈丸の内タニタ食堂〉
昨年11月にリニューアルし、ディナーの営業をスタート。丸の内限定で洋食メニューも提供している。
■東京都千代田区丸の内3-1-1 丸の内国際ビルヂングB1 
■03-6273-4630
■11:00~22:00(21:00LO)、土祝~15:00(14:00LO) 日休 
■64席/禁煙

(Hanako1156号掲載/photo : Kenya Abe text : Etsuko Onodera text & edit : Kahoko Nishimura)

編集部

店舗増えて欲しい!

TOPに戻る