とっておきのおしゃれ空間で頂ける。銀座で見つけたおいしいパフェがあるお店。
2018.05.21

絶対に知っておきたい! とっておきのおしゃれ空間で頂ける。銀座で見つけたおいしいパフェがあるお店。

大切なあの人と、銀座で上質な時間を過ごしたい。そんな願いを叶えてくれる上質なカフェをご紹介します。そこで頂きたいのは、食べるジュエリー、女の子が大好きな「パフェ」。銀座デートで使いたい、上質な「パフェ」が頂けるお店2軒です。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

極上のイチゴパフェを一年じゅう。〈資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ〉

今から半世紀以上も前の1959年、〈資生堂パーラー〉のメニューに初めて「ストロベリーパフェー」の文字が登場した。1902年の創業当時から続くバニラアイスクリームといちごを贅沢に使ったソースをベースに、生クリームといちごをトッピング。この上なくシンプルでいて、いちごのおいしさを最も堪能できる王道パフェを提供し続けている。

3月のメニュー、和歌山県日高郡はないちご農園産まりひめのスペシャルストロベリーパフェ2,380円(税込)。4月から変更。

2014年からは、全国から選りすぐりのいちごを使ったよりスペシャルなパフェが食べられるように。こだわりの稀少な品種で作られる特別ないちごパフェが年間通して楽しめる。3月はジューシーでまろやかな甘みの和歌山県産「まりひめ」を使用。いちごが違えば味も変わるかも、一年中おいしく食べられるようにと、夏秋が旬のいちごも探し求め、専用ハウスも持ったというから驚きだ。ここに来ればいつでもおいしいいちごパフェが食べられるという安心感は、仕事をがんばる原動力にもなっているのだ。

(Hanako1153号P52~53掲載/photo : Satoshi Nagare illustration : Tomoko Shinozuka text : Kayo Yabushita)

上質な八女の抹茶を使用するこだわり。〈AKOMEYA厨房〉

〈AKOMEYA〉でも販売する福岡〈山科茶舗〉の八女抹茶を使用。渋みと苦みを活かすためふんだんに練り込み、シフォンケーキを美しい焼き色に仕上げる工夫も凝らす。

パフェのようなフォルムの「抹茶シフォンケーキ」は、抹茶クリーム、抹茶シフォン、あんこをミルフィーユ状に重ね抹茶アイスとバニラアイスをトッピング。旬のフルーツが鮮やかに彩り、愛らしい表情に。

(Hanako1126号P74掲載/photo:Michi Murakami, Tomoo Ogawa texit:Eri Tomoi)

AKOMEYA厨房

AKOMEYA厨房

  • 和食
  • 銀座駅
編集部

もちろん女子会にも最適!

TOPに戻る