市場の活気息づく街・築地を楽しもう!Hanakoおすすめの築地グルメ3軒
2018.05.15

甘いものからしょっぱいものまで! 市場の活気息づく街・築地を楽しもう!Hanakoおすすめの築地グルメ3軒

日々にぎわう市場があり、活気あふれる街、築地。その周辺には古くから愛される喫茶店や、異国の味わいを楽しめるレストランなど、グルメも嬉しいお店が勢ぞろい!Hanakoおすすめの3軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.ふわっ、とろっがたまらないタマゴサンド。〈レンガ〉

無塩バターとマヨネーズを塗り、トースターでじっくり焼いた厚切り食パンで半熟オムレツをサンド。羽根のように軽いサクサクとしたパンと、空気を入れながら焼き上げたふわとろ卵が生み出す、絶妙な食感バランスが心地いい。「ホットサンドトーストセット」900円

23年前に母から店を継いだ現店主が考案したメニューなのだとか。レトロな店内も心地よい。

(Hanako1123,1127号掲載:photo:Kenya Abe,Motokazu Hara text:Asami Seo,Eri Tomoi,Rika Fukuda)

レンガ

レンガ

  • 喫茶店
  • 築地駅

2.タイ人も認める名店の味を日本で〈サイアム ガイズ トーキョー〉

タイ人が行列を作るカオマンガイを提供する。使用するのは岩手県産のあべどり。これを蒸し、焼き、唐揚げと3種の味で調理。隠し味に赤味噌なども使いコクを出した自家製ピリ辛ソースに、駐在経験のある客が「これこれ!」と懐かしがる姿も。「唐揚げカオマンガイ」750円(税込)

タイの日本料理店が、本場タイ屋台の味を逆輸入。現地と同じ雰囲気を忠実に再現した店内に、心も踊る。

(Hanako1140号掲載:photo : Kenya Abe, Yoichiro Kikuchi, Yuko Moriyama, Jiro Fujita text : Kimiko Yamada, Yumiko Ikeda, Mariko Uramoto)

3.食べて元気になる!築地の人気甘味処〈天まめ〉

メニューには、生寒天の存在感が際立つ品々が並ぶ。毎日早朝から店内で作られる生寒天。店主いわく「海を固めたような」瑞々しいできたてを提供したいからなのだとか。自家製あんこと煮豆をそえた「てんまめ」は看板メニューだ。ピクルスも、もちろん手作り。「てんまめ」880円(税込)

健康的なデザートを求める人に、テイクアウト用の豆かんも人気。開店から11時まではテイクアウト用カップでイートイン可能。それ以降は器での提供。お赤飯に寒天やあんこ、煮豆などをセットした定食「てんまめの里」920円(税込)は満足ランチと評判。

(Hanako1130号掲載/photo:Kaoru Yamada text:Mariko Kataoka)

天まめ

天まめ

  • 甘味処
  • 築地駅
編集部

おさかな以外の築地の魅力に惚れ惚れ!

TOPに戻る