今日はどこ行く?定番の味【醤油ラーメン】が美味しい、東京のラーメン名店3軒
2018.04.12

シンプルだけど奥が深い! 今日はどこ行く?定番の味【醤油ラーメン】が美味しい、東京のラーメン名店3軒

ラーメンの中でも定番の味といえば醤油。シンプルな味わいだからこそ、スープや麺の美味しさが引き立つので本当に旨いラーメン屋で味わいたいもの。極上の一杯を味わえる東京のラーメン店をご紹介します!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.毎日食べても飽きないシンプルな一杯〈泰雅〉/学芸大学

東京ラーメンの先駆けであった浅草の〈来々軒〉。その創業者の孫にあたる長江基泰さんがオープンした店。

もちろん、名物は元祖ともいうべきラーメン600円。鶏7:豚3の割合というあっさり醤油スープに、喉越しを追求した別注品の細麺が見事に絡む。

(Hanako1146号:掲載photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

泰雅

泰雅

  • ラーメン/中華
  • 学芸大学駅

2.食材を吟味した自然派の〈ラーメン 健やか〉/吉祥寺

特製ラーメン(醤油)980円(各税込)は、スープをひと口すすると、醤油のまろやかさに続いて、貝の旨味がふわりと口に広がり喉を過ぎる。国産小麦100パーセントの自家製麺の、パツンとした歯切れのよさも◎食べるほどに口福へと導く一杯。

引き継いで守る味があるわけではないことを逆手に、「日々進化、オリジナルを追求」と店主。店先で待つ人の姿がおいしさの証だ。

(Hanako1151号掲載/photo : Michi Murakami, Kanako Nakamura text : Yumiko Ikeda)

ラーメン 健やか

ラーメン 健やか

  • ラーメン
  • 三鷹駅

3.山形郷土の味とともに優しい余韻〈麺ダイニング ととこ〉/神保町

山形出身の女性店主による郷土料理とラーメンの店。中でもイチオシは「ととこしょう油ラーメン」。自然循環型農業で育った米沢牧場の鶏、山形のマルセイ醤油を用いた味は奥深く、さらにトッピングの山形産リンゴ酢を加えると、飲んだ後にも優しい。

ととこしょう油ラーメン780円、いも煮550円(各税込)

カウンター奥には地酒がずらりと並び、メニューには玉こんにゃく、冷やっこだしのっけ、いも煮から真室川の天然鮎やイワナの炭火焼きまで、山形郷土の味が驚くほど充実。

(Hanako1120号掲載/photo:Kenya Abe text:Kota Shizuka edit:Kei Sasaki)

麺ダイニング ととこ

麺ダイニング ととこ

  • ラーメン/郷土料理
  • 神保町駅
編集部

お酒のシメにも丁度良い!しみる~~

TOPに戻る