リピーター続出!新鋭のカジュアル割烹〈わしょく 宝来〉。
2017.04.21

最新号『モダン京都』特集よりお届け! リピーター続出!新鋭のカジュアル割烹〈わしょく 宝来〉。

これまでになかったスタイルが次々と登場する京都グルメ。最新号『和も洋も、古くて新しいモダンな町 京都』特集では、スパニッシュやイタリアン、牛肉料理などなど、京都食シーンの「いま」をご紹介しています。その中から今回お届けするのは、ずばり「新和食」。新たな感性の料理を気軽に楽しむスタイルが旬です。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

季節を映した黒板メニューにときめく創味巧みな若店主のカジュアル割烹。

白木のカウンター前で手際よく作業する宝来さん。カウンターの椅子は肘置き付きで座り心地抜群。

開店から約1 年ですでに祇園界隈のリピーター多数。33歳の主・宝来剣太さんが毎朝市場へ足を運んで選んだ旬の魚や野菜をメインに据え、「この日食べてほしいもの」を黒板に記す。正統派の日本料理からコロッケやプリンまで多彩なラインナップが楽しく、どれも食材の魅力がストレートに伝わる。価格は表記されていないが、ごくごく良心的なのでご心配なく。

photo:Koichi Higashiya text:Awa☆Moriko

甘みの強いひね芋に、醤油風味の鴨スジ肉を合わせた「鴨コロッケ」1 個200円。丸ごとほぐして食べやすく潔く盛った「毛がに」1,200円。

春の味覚を一椀に閉じ込めた、はまぐり若竹煮700円。筍を炊いたダシとハマグリの酒蒸しを合わせて木の芽をふわり。

自家製デザートの山椒を振った「ごぼうアイス」、「コーヒー豆ぷりん」各300円。

わしょく 宝来

予約がベター。

京都府京都市東山区東大路通新橋上ル林下町438 075-561-2834 17:00~22:00LO 日休 17席 禁煙 さば昆布巻き1,500円~、生ビール550円、地酒800円。

最新号『和も洋も、古くて新しいモダンな町 京都』特集では、をその他多数ご紹介しています!

編集部

京都でぜひ味わって欲しい素敵な和食屋さんです。

TOPに戻る