知っておきたいアフタヌーンティーをもっと楽しむ為のお作法。
2017.12.13

日本初上陸!イギリスで話題の〈ジュリス ティー ルームス〉オーナーシェフが教えてくれた! 知っておきたいアフタヌーンティーをもっと楽しむ為のお作法。

みんな大好きなアフタヌーンティー。でもその正式なマナーは意外と知らないのでは?そこで今回は、イギリスで「TOP TEA PLACE」を受賞し日本初上陸を果たした〈ジュリス ティー ルームス〉オーナーシェフ・宮脇樹里さんにアフタヌーンティーを楽しむ為のお作法を教えてもらいました。

こんな記事もおすすめ!
☆東京駅近で楽しめる人気ホテルのアフタヌーンティー4選はコチラ!
☆銀座で巡る世界のアフタヌーンティー3選はコチラ!
☆〈ELLE café〉のグルテンフリーアフタヌーンティーはコチラ!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

イギリス・コッツウォルズで愛されたティールーム〈ジュリス ティー ルームス 三越日本橋本店〉が今年9月、日本に初上陸!

英国焼き菓子をメインにケーキ類とティーサンド、焼きたてスコーンの盛り合わせ。好みの紅茶を選択。「Juri’s フルアフタヌーンティー」2,600円。14:00~17:00。

アフタヌーンティーのお作法。

Q.そもそもアフタヌーンティーとは?

「19世紀半ば、イギリス人貴族の間で慣習化された午後のお茶会です。当時、上流階級の人たちにとっての社交の場は舞踏会や観劇でしたが、スタートが夜9時頃と遅いので、その前に紅茶やお菓子をいただいて、小腹を満たそうとしたのが始まり。その後、貴族女性の重要な社交の場となりました。現在、堅苦しい作法は不要ですが最低限のマナーは忘れずに。会話を楽しむ場と捉えましょう」(宮脇さん)

Q.アフタヌーンティーは何時頃嗜むもの?

A.イギリスでアフタヌーンティーが慣習化した当時、夕方16時~19時くらいに楽しむのが一般的だったという。では現在は?

「ランチとディナーの間、だいたい14時~17時くらいに楽しむのが通例。本当はおしゃべりが尽きるまで続けたいところですが、夕食が食べられなくなると困りますので、ほどほどに。ちなみにアフタヌーンティーより遅く、夕食を兼ねて紅茶を飲むスタイルのことを“ハイティー”と呼び、こちらではサラダや軽めの肉・魚料理が登場します。また、スコーンとお茶のみのセットを“クリームティー”と呼び、こちらは特に時間は決められていません」

Q.ケーキスタンドはどこから食べるべき?

A.三段スタンドには上段にペストリー、中段にスコーン、下段にサンドイッチが並んでいるのが一般的。食べたいものから選びたいところだが…。

「下段から上段に進むにつれて、塩気のあるものから甘いものへと構成されているので、サンドイッチから順に食べましょう。甘い焼き菓子やケーキを食べたあとにサンドイッチに戻るのはあまりお行儀がよいとは言えません。また、ほかの人が食べ終わっていないうちに次のお皿に進むのはマナー違反です」。ティーフードをティースタンドから自分の皿へ移す時は、わざわざフォークやナイフを使わず、手で取って運ぶ方が正しい。

Q.カップ&ソーサーの美しい持ち方は?

A.「アフタヌーンティーはローテーブル、ローチェアでいただくのが基本のスタイル。テーブルと距離があるので、紅茶を飲む時はソーサーごと持ち上げましょう。その際、カップのハンドル(取っ手)に指は通さず、添える程度で、小指は決して立てないように。ミルクや砂糖を混ぜるために使ったティースプーンはカップの奥に横にして置きましょう。手前に置くとカップを持ち上げた際に落とす可能性があるからです。使わない場合もカップの奥に置くのが基本」。ハイテーブルの場合、ソーサーはテーブルに置いたまま、カップのみ持ち上げ、左手はテーブルの上に置くこと。

Q.スコーンはどう食べるのが正解?

A.イギリスのアフタヌーンティーに欠かせないスコーン。お行儀よくナイフとフォークを使って半分に切るのがスマート?

「イギリスでは“賢者の石”を模した神聖なものとされていて、スコーンにナイフを入れるのはよくないとも言われています。ですから、手で半分に割りましょう。これは決してマナー違反ではありません。

ただし、クロテッドクリーム、ジャムは備え付けのスプーンで自分の皿にとり、一口ずつスコーンに塗るようにしてください」。重要なのはテーブルを汚さないこと。スコーンにそのままかぶりつくとボロボロとこぼれるので、必ず一口で食べられるサイズに割ってから。

Q.ミルクが先?紅茶が先?

A.最初の1杯はお茶の香り、味を堪能するためにミルクも砂糖も入れず、ストレートでいただくのがおすすめ。では、2杯目以降にミルクティーを楽しみたい場合は?

「イギリスでは“ミルクが先”派と“紅茶が先”派がいて、互いに異なる主張がありました。しかし、2003年に英国王立化学協会が、ミルクを先に入れた方がタンパク質の熱変性が少ないため、よりおいしいと立証し、“ミルクが先”派が一般的に。ただし、これはあくまで好みなので、どちらでも大丈夫です。紅茶を注ぐときは、ポットの蓋を手で押さえるようなことはせず、片手だけで行ってください」

Q.カトラリーを使う時の大事なマナーは?

A.アフタヌーンティーは会話を楽しむ社交の場。カトラリーの音を立てない方が好ましい。

「使う時は静かに優雅な所作を意識しましょう。食べる時に必ずしもナイフとフォークを使わなければいけないということはなく、お皿の上でかちゃかちゃと音がするようであれば、ナイフは使わず、ペストリーフォークでケーキの先端から一口ずつ切り分ける方がスマートです。利き手と反対の手はお皿に添えることも忘れずに。ティースプーンで紅茶をかき混ぜるときはカップの底に当てないようにゆっくりと。かき混ぜた後は、スプーンをカップのふちにつけ、静かにしずくを落とします」

宮脇樹里(みやわき・じゅり)

St. Andrews大学卒業後、コルドン・ブルーにてグランディプロマ取得。2008年、両親と営む〈Juri’s〉が「UK’s Top Tea Place」受賞。スイスのIVPフィニッシングスクールにて国際プロトコル ディプロマ取得。

こんな記事もおすすめ!
☆東京駅近で楽しめる人気ホテルのアフタヌーンティー4選はコチラ!
☆銀座で巡る世界のアフタヌーンティー3選はコチラ!
☆〈ELLE café〉のグルテンフリーアフタヌーンティーはコチラ!

(Hanako1145号掲載/photo : Kaoru Yamada text : Mariko Uramoto, edit : Yoko Fujimori)

編集部

さらにアフタヌーンティーが楽しくなるはず!

TOPに戻る