ギャラリーカフェにシェアスペースも!西荻窪で見つけた新しい形のカフェ4軒。
2017.04.02

西荻の新しいコミュニティ!? ギャラリーカフェにシェアスペースも!西荻窪で見つけた新しい形のカフェ4軒。

ワークショップ開催の他、アートや作家と気軽に会えるギャラリーカフェや、シェアオフィスとしても使えるカフェ。西荻窪で見つけた、そんな新しい形のカフェをご紹介します!

(Hanako1129号掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

in the Rough(インザラフ)

西荻窪で不動産業を展開する松本弘子さんが、“未来を育てる働き方”をコンセプトにシェアスペースをオープン。フリーランスワーカーや、お店を持たない料理人などが集まって、この場で新たなコミュニティが生まれることも。壁一面のホワイトボードやキッチンを備え、Wi-Fiや電源なども完備。シェアオフィスとしても、気兼ねなく活用できる。カフェでは、地採地食のオリジナルメニューのほか、毎週金曜日は〈にしまきごはん〉、日曜日には〈NyaraCafe〉と、日替わりカフェも登場。

車麩の竜田揚げなど動物性素材不使用の週替わり「にしまきプレート」1,000円。

パーテーションで仕切れる小上がりでは、ワークショップも行われる。

大きなホワイトボードでミーティングもはかどる。

in the Rough

in the Rough

  • カフェ/定食
  • 西荻窪駅

ヨロコビto Gallery Cafe Artcard(ヨロコビト ギャラリー カフェ アートカード)

30年以上クリエイターとして働いた柏本郷司さんが開いたギャラリーカフェ。アーティストを継続して支援し、日常のなかにアートを広げることをテーマにする。もっと気軽に絵を楽しんでもらおうと、応援する作家の絵葉書を制作販売し、昨年 4 月に念願のギャラリーをオープン。柏本さんが選ぶ作家の作品は 3 週間展示販売され、期間終了後も 3 週間はリビング風にしつらえたカフェへ。家やオフィスに飾るイメージが湧く仕掛けだ。今では、妻の裕美さんが作るサンドイッチやコーヒーを片手に、アーティストと一緒に絵を描いたり話したりするお客さんも多い。作家との距離の近さも、カフェ併設の効果。

「グリルチキンのサンドイッチとドリンクのランチセット」1,050円

「 蝦名龍郎展」(3月 5 日で終了)

昨年夏に行われた、鈴木勇介さんによるワークショップ。

食とセラピー ていねいに、

西荻窪で生まれ育った鍼灸師の福田倫和さんが営む、定食とマッサージのお店。食事とセラピー、ワークショップを通して、地域の人々の健康と暮らしのサポートを目指す。平日は〈ていねいに、〉がオリジナルの定食を出し、土日は料理ユニット「ippo食堂」と「おこさまボーイズ」が担当するカフェに。近所の人が掃除や皿洗いのボランティアに来たり、料理教室に参加したりと、地元のコミュニティスペースとしてにぎわう。レンタルスペースにも使われる奥の畳敷きには、ちゃぶ台やコタツを置き、カフェらしからぬ民家のような雰囲気に。「ていねいな日常の一場面になれば」と親しみやすい空間を作る。

この日は不定期開催の「ippo食堂」の料理教室。デモンストレーションと試食で3,000円

おむすびと主菜、副菜の週替わり定食「ippo定食」1,200円

「 ippo食堂」は土曜日、「おこさまボーイズ」は日曜日。

西荻百貨店

花を見ていると、隣の部屋から珈琲の香りが誘い、テラスの山野草も気になってくる。ここは、フラワーショップ〈icca〉、カフェ〈くろもじ珈琲〉、山野草とお庭の相談所〈草と花 一草(isso)〉、内装と家具〈カラクタ工房〉を営む 4 人によるシェアショップ。カラクタ工房がアパートの一室をリノベーションし、3 店がひと続きに楽しめる空間だ。〈icca〉では月に 3 ~ 4 回「花あそび教室」を開催。店主・西野純子さんが選ぶ花で、リース作りなどのフラワーアレンジを学べる。

〈 icca〉では四季を感じる花をそろえる。

ミモザのリース教室。

「 いちごとホワイトチョコレートのケーキ」320円、「くろもじブレンド」490円(各税込)。

〈一草〉 はテラスに。庭師の砂森聡さんに庭の相談ができる。

西荻百貨店

西荻百貨店

  • カフェ
  • 西荻窪駅
編集部

毎日がさらに充実しそうです!

TOPに戻る